株式投資で資金30万円を5年間で160万円に増やすことに成功。今度はFX投資で300万円の資金で1日4,500円のスワップ金利収入を毎日ゲットすることに挑戦する。  ETFリートでバーチャル大家も目指す。 退職後は豊かな投資ライフを楽しむ  
2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/092017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/092017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/092017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/092017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09
2008/10/21に日興AMが東証REIT指数に連動するETF「上場インデックスファンドJリート(東証REIT指数)隔月分配型」を上場

 「NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信」と「上場インデックスファンドJリート(東証REIT指数)隔月分配型」の比較をします。


簡単に概要を書きますと

名称:上場インデックスファンドJリート(東証REIT指数)隔月分配型
上場予定日: 10/21
対象インデックス: 東証REIT指数
投資対象: 不動産投資信託証券 (J-REITへの現物投資ですね)
売買単位: 100口 (9万円ぐらいから投資できます)
信託報酬: 税込み年0.315% 
収益分配: 奇数月に分配
となります。(詳細は日興AMのサイトで確認ください)

で、ここで気になるのが「日興AMと野村AMの東証REIT指数ETFの違いは?」となると思いますが、大きくは次の点が異なるようです。

「上場インデックスファンドJリート(東証REIT指数)隔月分配型」(日興AM)VS「NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信」(野村AM)比較表

  

 

日興AM

野村AM

信託報酬

0.315%

0.336%

売買単位

100口(約10万円)

10口(約1万円)

分配金

奇数月に分配

年4回分配

配当利回

約5%

約4%



日興AMは「売買単位が大きいですが、信託報酬が安い・配当利回が高い」
日興AMの方が分配金が隔月と多い。

 10万円以下になったら、
松井証券 は手数料が無料になるので「上場インデックスファンドJリート(東証REIT指数)隔月分配型」が間違いなく買いだと思う。

 そして、
松井証券 の預株に入れて預株料のチャンスも待つようにしたい。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://psjfk.blog23.fc2.com/tb.php/913-9ab6f6a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
外国為替証拠金取引・FX入門・ETFリート 退職に備える投資法