FC2ブログ
株式投資で資金30万円を5年間で160万円に増やすことに成功。今度はFX投資で300万円の資金で1日4,500円のスワップ金利収入を毎日ゲットすることに挑戦する。  ETFリートでバーチャル大家も目指す。 退職後は豊かな投資ライフを楽しむ  
2020/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/092020/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/092020/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/092020/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/092020/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/092020/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/09
南アフリカ共和国の特徴
悪い所  :電力不足・ジンバブエからの難民問題・石油が無い・インフレ・1部の治安が悪い・象が増えすぎ・エイズ問題

良いところ:鉱物資源が豊富・投資が集まってる・WC開催予定・債権がトリプルAである・成長の潜在力がある

笊(ZAR)の特徴
変動が激しい・金利が高い(スワップが良い)・スプレッドが広い・保証金が安い
アメリカドルの影響が大きい

最近日本で非常に人気の高い通貨の南アフリカランド。そもそも南アフリカは、BRICsのsでsouth africaだといわれたり、VISTAのSでSouth Africaだといわれたりしているそうです。(VISTAはそもそも、そんなに普及しているんだろうか?)

南アフリカはその高金利が個人投資家に非常に好評を博していますが、エマージングマーケット(新興市場通貨)であることは認識しておきたいところです。金やダイアモンドなどの鉱産資源に恵まれている国なのです。
南アフリカランド(ZAR)の特徴

南アフリカランドの通貨としてFXにおける特徴は、
エマージングマーケットとしてのリスク
周辺諸国の政情不安
金の価格に影響を受けやすいか・・・

が挙げられるでしょう。南アフリカ共和国は南部アフリカを中心として政治、経済的なリーダーとして、コンゴやスーダンなどの紛争解決にも努め活躍しており、現在の安定した経済成長によって投資適格国として格上げされています。

南アフリカ共和国自身はエマージングマーケットとして高い経済成長の潜在力がありとそれによる投資で高い収益が見込まれます。そんな、エマージングマーケット通貨である南アフリカランドは、市場規模は小さい、流動性が少ない、当局が規制をかけたり、通貨制度の急な変更などもあるリスクが高い通貨といえます。すなわち、ハイリターン・ハイリスクな通貨といえるでしょう。このようなハイリスク・ハイリターンの国(通貨)は、短期的に扱うよりも、長期的投資向きといえます。

南アフリカ共和国自身は比較的政治的に安定しているのですが、アフリカ周辺諸国はまだ、新興国ばかりであり、紛争なども絶えません。そのような、周辺諸国に囲まれた南アフリカ共和国ですから、周辺諸国の異変は、すぐに南アフリカランドのリスクとして捉えられ、急激なランド安を招くことが予想されます。

南アフリカ共和国は、輸出の約6割が鉱物資源、貴金属で、主に金、ダイヤモンド、マンガン、白金が多く、特に金は世界一の産出量を誇っています。

そのため、金の価格とは連動しやすいといわれています。しかし、必ずしも、連動するわけでもないので、参考にする程度で考えておくほうがよいかもしれません

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://psjfk.blog23.fc2.com/tb.php/698-0b92c07d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
外国為替証拠金取引・FX入門・ETFリート 退職に備える投資法