FC2ブログ
株式投資で資金30万円を5年間で160万円に増やすことに成功。今度はFX投資で300万円の資金で1日4,500円のスワップ金利収入を毎日ゲットすることに挑戦する。  ETFリートでバーチャル大家も目指す。 退職後は豊かな投資ライフを楽しむ  
2019/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/022019/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/022019/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/022019/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/022019/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/02
 4月1日に大腸ポリープの検査をした。

 検査前に2リットルの水溶性の下剤を飲む。
 これで、腸を空の状態にして検査をする段取りである。

 稀にこの下剤を飲んでいる時に、気持ちが悪くなる人がいるので気分が悪くなったら
 お知らせくださいと看護士から言われた。

 この2リットルの下剤を2時間30分かけてゆっくりと飲んだのだが、途中から頭痛がして来た。
 しかも、まったく排泄がない。

 私はガマン強い性質なので、気分を悪いことを言わずに「排便されない」ことだけを看護士に伝えたら、その看護士が私の顔色が紫色になっていると言う。

 たしかに、苦しいがまだガマンできると思っていた。
 ヤバイ状態と言うことで、緊急に「高圧浣腸」をされた。

 しかし、それでもまったく排泄がはじまらない。

 ますます、気分が悪くなって来た。

 今度は、検査室に入れられて「腸内バキューム吸引」をされた。

 私のお腹を押しながらバキューム吸引をされた。
 1時間30分くらいの時間、ずっと吸引された。

 その吸引された私の便が見えるらしく、「オオー」と言う医者とか看護士とかの歓声がたまに聞こえる。

 私はそれに対して、

 「いや、それほどでも・・・」

 と意味不明な謙虚な対応した。

 自分の大便に対する賞賛の声は、なんだかうれしはずかしい妙な気分であった。
 春先になるとあらわれる「露出狂」の気持ちが、すこし理解できた。


 「すごい、大量に貯まっていましたよ。これでは、苦しかったね」

 と言われた。

 腸内が「ひとりゴミ屋敷」状態だったらしい。
 1時間30分の吸引でも、きれいに吸引できないと言われた。

 その後、大腸検査したのだが、大便が残っていて「あまり、よく見えない」といわれたのだ。

 その日は、入院したのだが、その翌日の12時頃からカミナリのような下痢状態になった。
 まさか、下剤が12時間後に効きだすとは・・・・・。

 なんでだ。

 内臓まで、特殊な私である。

 小康状態であるが、今も、下痢状態である。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://psjfk.blog23.fc2.com/tb.php/656-ae875a45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
外国為替証拠金取引・FX入門・ETFリート 退職に備える投資法