株式投資で資金30万円を5年間で160万円に増やすことに成功。今度はFX投資で300万円の資金で1日4,500円のスワップ金利収入を毎日ゲットすることに挑戦する。  ETFリートでバーチャル大家も目指す。 退職後は豊かな投資ライフを楽しむ  
2018/051234567891011121314151617181920212223242526272829302018/072018/051234567891011121314151617181920212223242526272829302018/072018/051234567891011121314151617181920212223242526272829302018/072018/051234567891011121314151617181920212223242526272829302018/072018/051234567891011121314151617181920212223242526272829302018/07
骨折母
 母親が玄関で転倒して、足の甲と足の指3本を骨折した。
 全治2ケ月とのことである。
高齢者の転倒事故は、めずらしいことではないが、転倒の原因は母の昔からの癖にある。

 母は同時に2つのことをやらなければ「もったいない」と言う癖がある。
 つまり、夕飯の仕度をしながら、同時に足で台所の雑巾ガケをする。
 手と足で同時に仕事をしなければ、時間の無駄だと言う理屈らしい。

 4人の子供の子育て、家事、父親の自営業の片腕、飲食店経営と同時にこなしてきた母親からすれば、手と足で同時に仕事をすることはあたりまえらしい。

 確かに私から見ても、器用だと思うが行儀が悪いと昔から、子供心に思っていた。

 何かトンガとか、雲南省とかの未開の民族の生活様式のようだと思っていた。

 今回の場合は、郵便箱から郵便、新聞を取る行為と、庭の水まきを同時にやろうとして転倒したらしい。

 手で郵便箱、足で水撒きホースの操作。
最新パソコンのCPU並みの動作である。

 74歳の年寄りには、と言うか、普通の人間には難しい動作である。

 転倒して当然とも言える。
しかも、なんで、忙しくもない現在、そんなに急いで家事をやらなければならないのか?
 
と言うと

「こんなセッカチな性格になったのも、オヤジが悪い。
オヤジが甲斐性なしだから、自分ががんばって稼がなければならなかった。
こんなセッカチになったのはオヤジが悪い。このセッカチな性格は、今でもなおらない。」

と今度の骨折も、亡くなったオヤジのせいにしている。

 違うような気もするのだが.....

 ここら辺の母親の啖呵は、TVドラマの「菊次郎とさき」のさきのセリフと同じである。

 良い意味で取れば、愛情の裏返しなのかもしれない。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://psjfk.blog23.fc2.com/tb.php/546-24271d7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
外国為替証拠金取引・FX入門・ETFリート 退職に備える投資法