FC2ブログ
株式投資で資金30万円を5年間で160万円に増やすことに成功。今度はFX投資で300万円の資金で1日4,500円のスワップ金利収入を毎日ゲットすることに挑戦する。  ETFリートでバーチャル大家も目指す。 退職後は豊かな投資ライフを楽しむ  
2019/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/012019/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/012019/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/012019/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/012019/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/01

赤道儀の原理は極軸を北極星に合わせて観測地点の緯度に赤道儀を設定すれば星の日周運動を追尾できる。
赤道儀の設定が甘いと星が視界からすぐに消える。
市販の天体望遠鏡でも火星の模様を見るためには700倍くらい拡大するのだけど、極軸合わせ、緯度の設定が甘いと火星が視界から3分くらいで消える。
なんで消えるかと言うと火星が日周運動していると言うか、地球が自転しているので、しかも700倍に拡大しているので3分くらいで視界から移動してしまう。
赤道儀の設定を厳密にしていれば赤道儀をそのままハンドルで回転させれば、火星の動きを追尾して何時間でも観測できる。
子どもの頃にした天体観測を思い出した。
これってFXにも応用できる原理だと思う。
米ドル、ユーロは決算通貨で取引量はまさに天文学的でノイズはあるかも知れないが変化の法則があり星の日周運動のように赤道儀を使えば追尾できる。
赤道儀の代わりFXではAIプログラムで設定して自動追尾させる。
半年前から米ドル、ユーロをこの原理を使って自動追尾させて自動売買させるプログラムを稼働しているが成功している。

FXの手法を悟った。
実際には取引しないでシュミレーションだがやっと投資の本質が見えたと思う。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://psjfk.blog23.fc2.com/tb.php/2527-d7be38f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
外国為替証拠金取引・FX入門・ETFリート 退職に備える投資法