株式投資で資金30万円を5年間で160万円に増やすことに成功。今度はFX投資で300万円の資金で1日4,500円のスワップ金利収入を毎日ゲットすることに挑戦する。  ETFリートでバーチャル大家も目指す。 退職後は豊かな投資ライフを楽しむ  
2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/052017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/052017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/052017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/052017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/052017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05
まだまだ死ぬ年ではないが、死んだ後のFX、証券口座の事を考えていた方がいいかと思う。

これらの口座はインターネット口座なので私が死んだ場合、口座番号とか暗証番号を誰かに教えておかないと残された家族は混乱すると思う。

FX、証券口座に関連させている口座もまたネット銀行なので、情報管理の引き継ぎをしっかりとしておかないと思う。

そもそもリアルの信用金庫、郵貯とかでも死んだら兄弟全部の印鑑証明、戸籍謄本などの手続きがあるらしい。

銀行は現金を引き出せばそれで終わりだが、FXの場合は解約したら大きな損をする場合がある。
証券口座もそうだ。

これらの投資資産は遺族にそのまま名義変更をして引き継ぎをしてもらうのがいいと思うのだが、
以外とそれは難しいようだ。

遺族が亡くなる前に同じ投資会社に口座を開設してFX、株式をネットを使って贈与というのが良さそうだ。
贈与手続きをネットでだけ簡潔できるところもある。

これは状況がそうなる前に事前に完全シュミレーションで訓練しとく必要があると思う。

金利の高い外貨の場合、三十年、五十年と長期保有しているとメリットが高いので、
自分の死後も遺族がずっと保有できる状態を作っておいてやるのは重要な投資行為のように思う。

お金の事を深く考えれば金利システムというのは、人類が考えた永久機関のひとつだと思う。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://psjfk.blog23.fc2.com/tb.php/2329-1a8e9fc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
外国為替証拠金取引・FX入門・ETFリート 退職に備える投資法