株式投資で資金30万円を5年間で160万円に増やすことに成功。今度はFX投資で300万円の資金で1日4,500円のスワップ金利収入を毎日ゲットすることに挑戦する。  ETFリートでバーチャル大家も目指す。 退職後は豊かな投資ライフを楽しむ  
2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/112017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/112017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/112017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/112017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11


いなくなって久しいゲロニャンコの思い出


ゲロニャンコは嚥下機能に障害があった。

それは幼児期に長く栄養失調の状態が続いた為かとも思う。

自分でもその事を自覚して来て餌を与えると二口、三口食べてしばらく休んでから再び食べるという事を繰り返してゲロをしなくなって来た。

食事を休んでいるインターバルの間は虫、スズメに反応してジャレたりして遊んでいた。

ある日のこと食事中にゲロニャンコは何かに反応してゴロゴロして遊んでいたら、

突然、カアーという声ともにカラスがゲロニャンコを急襲した。

ゲロニャンコは逃げようと反応したが時、遅くカラスの脚に鷲掴みにされ空中2、3メートル上がった。

その時に空き地の草むらの中から電光石火、ジャンプ一番、もう空中高くいるカラスに飛びかかり忍法 飯綱落しの体勢に入った動物がいた。

ゲロニャンコは空中で解放され、子猫といえども猫の驚異的身体能力でキャット空中三回転で無事に着地した。

飯綱落しを決めらたカラスは頭から落下したが、どうにかフラフラ墜落しそうになりながら我が家の庭から逃げて行った。

カラスの羽が空中に舞っている中にいたのはゲロニャンコの親猫だった。

ゲロニャンコが捕らえられて空中にいる状態から親猫が飯綱落しを決めるまではほんの2、3秒の一瞬の間であった。

庭に残ったカラスの羽がなければ幻のように思ったかもしてない。

猫は百獣の王の親戚なんだとしみじみと思った。

ゲロニャンコの親猫は空き地の草むらの中から自分の子供を見守りしている事にも感心した。

ゲロニャンコの親猫はシリアスで重い雰囲気の猫で確かに白土三平が描いた猫のようである。

忍者猫。

それに反して当事者のゲロニャンコは相変わらず楽天的、ノーテンキぶりを発揮して親猫に無邪気にジャレている。

カラスとジャレて遊んでいたとでも思っているのか?

巣に持ち帰られ、生きたまま目玉をくり抜かれたかも知れない事を全く知らないないでにゃーゴにゃーゴといっている。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://psjfk.blog23.fc2.com/tb.php/1954-4aa57fc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
外国為替証拠金取引・FX入門・ETFリート 退職に備える投資法