株式投資で資金30万円を5年間で160万円に増やすことに成功。今度はFX投資で300万円の資金で1日4,500円のスワップ金利収入を毎日ゲットすることに挑戦する。  ETFリートでバーチャル大家も目指す。 退職後は豊かな投資ライフを楽しむ  
2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/102017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/102017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/102017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/102017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10
ゲロニャンコと呼ばれようと、
クサレニャンコと呼ばれようと、

栄養失調の子猫は日に日に元気になって来た。

子猫の中の生命力に感動する。
若い生命力。

栄養失調の子猫の中にも、生命力が溢れているのを感じる時に命に対する尊崇の念を感じる。

いつものように子猫に餌をやっていた。
嚥下がうまくいかなく吐き出しそうになりながらも子猫は一生懸命に食べている。

その時に白い物体がものすごい勢いで子猫にぶつかって来た。

子猫も1メートルくらい前にその白い物体に反応し後ずさりしたが、衝突して上に乗られたがそのマウントポジションを回転して解除し空き地に逃げたがその白い物体はしつこく追跡して空き地をものすごいスピードで追走して行った。

白い物体は最初は犬かと思ったが、大きな猫だった。

何の予兆もなく、ほば通り魔的に子猫を襲撃して来た。

次の日、この白い大猫は5匹の猫と共に私の家の狭い庭に集結していた。

この中には子猫と親猫はいない。

この白い大猫は毛並みも良く、太っていて野良猫のようではない。

顔は猫ながら極道であった。
ゴルゴ13に似ている。

猫の世界の掟は知る由もないが、
極道猫なら任侠道というものがあってもいいのではないかと思う。

栄養失調の子猫にフルアッタクしなくてもいいのではないかと思う。

私の家が新猫屋敷のような状態になった。

このヤクザニャンコの集団には餌もやらないし、追い払うのだが連日
私の家を訪問する。

スイス銀行へ300万ドル振り込め的な目で人を睨む。

4日間くらいでヤクザニャンコの集団は来なくなった。

しかし、ゲロニャンコ親子も来なくなった。

あの状態では生きていくのは困難だろうと思う。

せっかくこれから栄養失調も改善して、少しは楽に生きて行けそうだった。

幸の薄い猫だったと思う。

何処かで元気にゲロニャンコしてればいいなと思っている。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://psjfk.blog23.fc2.com/tb.php/1944-387d1edb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
外国為替証拠金取引・FX入門・ETFリート 退職に備える投資法