株式投資で資金30万円を5年間で160万円に増やすことに成功。今度はFX投資で300万円の資金で1日4,500円のスワップ金利収入を毎日ゲットすることに挑戦する。  ETFリートでバーチャル大家も目指す。 退職後は豊かな投資ライフを楽しむ  
2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/112017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/112017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/112017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/112017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11
全聾の作曲家の作品がすべて代作だった。


代作だったとか、
聾唖者だったかよりも、

彼の作品と言われている曲が
いい曲なのかどうかが問われなければ
いけないのではないだろうか?

曲の価値とは聾唖者が作曲したからとか、被曝二世が作曲したからではないように思う。

作品がいいから様々な賞を受賞したのだろうし、売れたのだろうと思う。

それではなく、彼が聾唖者で被曝二世だから受賞させたのであれば、選考委員が無能だということで、
その選考委員を責めるべきだと思う。

そもそも市民栄誉賞なんていうものはミーハーなバカらしいものなんだと改めて思う。

作者が誰であれ作品の価値は
作品そのものにあるのではないのかと思う。


今回の騒動で、
譜面が読めないとか、
ゴーストライターがどうのこうのとか、

では、作品そのものは価値?

はあまり問われない。

ジョブズはほとんど性格破綻者と言われような人間だったが、彼の作品は素晴らしいものばかりだ。

絵画、小説でも
作者がデタラメなゴミのような人間が
宝石のような作品を創り出す事がある。

あるといいよりも、多い。

小室哲哉も、ジョンレノン、井上陽水は楽譜が読めないけど、作曲して名曲を作り出している。

ジョンレノンはオーケストラを使った曲がたくさんあるから、譜面が読めなくてもオーケストラを使った曲を書くことは可能なように思う。

ジョブズはコードを書けない事をビルゲイツにバカにされているが彼の作ったiOSはWindowsよりも格段に素晴らしい。

大切なのは、作品だと思う。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://psjfk.blog23.fc2.com/tb.php/1898-e47a958c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
外国為替証拠金取引・FX入門・ETFリート 退職に備える投資法