株式投資で資金30万円を5年間で160万円に増やすことに成功。今度はFX投資で300万円の資金で1日4,500円のスワップ金利収入を毎日ゲットすることに挑戦する。  ETFリートでバーチャル大家も目指す。 退職後は豊かな投資ライフを楽しむ  
2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/072017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/072017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/072017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/072017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07
小国寡民、
使有什伯之器而不用。
使民重死而不遠徙。
  雖有舟輿、無所乗之、
  雖有甲兵、無所陳之。
使民復結縄而用之
    甘其食、
    美其服、
    安其居、
    楽其俗。


狭い国土に住民も少なく、いろいろ便利な道具があっても(人民に)使用させない。人民に生命を大切にさせ、他国に移っていくことがないようにさせる。

舟や車などの乗り物があっても、人民はそれに乗ることなく、よろいと武器があっても、これを並べて戦争することもしない。人民に(文字を使うことをやめさせ、古代のように)縄を結んで使わせる。

人民は、その土地の食物をうまいと思って食べ、その服を美しいと思って着、その住居に満足し、自分の国の風俗習慣を楽しんで暮らす。

隣国とは互いに眺めることができ、鶏や大の鳴き声が聞こえ合うほど接近していても、人民は老いて死ぬまで、その隣国と行き来しない。(こんな国こそ、理想的である。)


  古モンゴロイドは文字を持たない。

 インカのキープ。
 沖縄の藁算。


・随書倭国伝

  人頗恬靜、罕爭訟、少盜賊。樂有五弦、琴、笛。男女多黥臂點面文身、沒水捕魚。無文字、唯刻木結繩。敬佛法、於百濟求得佛經、始有文字。知卜筮、尤信巫覡。

 人はとても落ち着いており、争訟は稀で、盜賊も少ない。楽器には五弦、琴、笛がある。男女の多くが臂(肩から手首まで)、顔、全身に刺青をし、水に潜って魚を捕る。文字はなく、ただ木に刻みをいれ、繩を結んで(通信)する。仏法を敬い、百済で仏教の経典を求めて得、初めて文字を有した。卜筮を知り、最も巫覡(ふげき=男女の巫者)を信じている。

 老子は古モンゴロイドの質素で素朴な生活の中に、ある理想を見ていいたのではないかと思う。

 この優れた経理処理システム、キープと藁算が、征服者によりうまく利用された事も運命めいた物を感じる。
 インカでは16世紀後半、住民や資源の実態調査のためスペイン人官吏がアンデス山脈を駆け巡ったが、情報集めはいたって楽だったらしい。 キープ・カマヨックと呼ばれる地方の名士がキープによる住民台帳を保持していたからだ。
 他方、沖縄では島津藩による沖縄併合後の人頭税徴収などに、藁算は最大限利用された。
 キープと藁算の唯一の違いは、キープは縄の色までを含めて情報源とした事だが、使用目的はまったく同じといってよい。
 このように同じ使用目的を持つユニークな縄文字が、偶然2つの地域で別々に発生したとは非常に考えにくい。

  古モンゴロイドはユーラシア大陸からベーリング海峡を経て北米大陸から南米大陸へ移動した。
 その中の一派が古代日本にも上陸して、縄文人となったと思われる。

  例えば、具志堅用高、高見盛、元ちとせ、三浦雄一郎などに強く縄文の影を感じる。
 非常に素朴で滑稽とも思える程に純粋な人柄に何か霊的な尊崇の念を抱く。

  老子もたぶん、そんな彼らの生き方に尊崇の念をいただき
 小国寡民を記したのではないのだろうか?
 
 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://psjfk.blog23.fc2.com/tb.php/1835-570c24cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
外国為替証拠金取引・FX入門・ETFリート 退職に備える投資法