株式投資で資金30万円を5年間で160万円に増やすことに成功。今度はFX投資で300万円の資金で1日4,500円のスワップ金利収入を毎日ゲットすることに挑戦する。  ETFリートでバーチャル大家も目指す。 退職後は豊かな投資ライフを楽しむ  
2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/112017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/112017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/112017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/112017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11
これまで、行ってきた私の投資法「デジタル縄文人の投資法」を検証したいと思います。

 特徴は非常にセコくて、地味な投資法だと思います。

 代表的な方法は以前にあったが、今は廃止された松井証券のIPO「お詫び料」で稼ぐと
 言う方法です。

 はずれると1件50円の「お詫び料」が貰える。
 これを家族全員で行って、年間1万円以上の「お詫び料」を貰うと言う方法を実践した。

 どんなIPOでも、100%申し込んでいたら変なクソ株が当選して、損をしたことがあった。

 その反省を活かして、IPOの月に1万5千円も支払わなければ見れない情報を
 マネックス証券に口座を開設すると見れるサービスを利用して、
 優良なIPOにだけ申し込む方法を発明した。

 しかし、マネックス証券も口座開設者へのIPO情報の無料提供を廃止してしまった。

 IPOで一番、堪えたのはSBI証券(旧イートレード)がIPOチャレンジポイント制度を改悪したことだ。
 SBI証券で10回落選すると、10倍当選確立が高くなるのがIPOチャレンジポイント制度だったが
 これも実質、廃止になってしまったのだ。

 このチャレンジポイント制度とサラ金の無料期間を利用して
 400万円分の資金とIPOチャレンジポイント30倍を注ぎ込んで、
 優良なIPOに当選し、私の投資史上最大の利益70万円を1日して得ることに成功したが、
 これも今となっては、昔のことでございます。

 私の投資法の特徴は、各証券会社・サラ金のサービスを分析し、
 それを最大限に活用して、確実に利益を稼ぐ方法が特徴である。

 しかし、そのサービスはほとんど全部、現在は廃止されてしまっている。

 残っているのは松井証券の「10万円以下手数料無料」くらいである。


①新規公開株の情報を仕入れる
 「新規公開株は儲かる!!」
  確かに。
 ただ、新規公開株でも「腐れ株」はあります。
  だいたい、新規公開株は9割は初値が上昇します。
 逆に言えば、1割は初値が下がる「腐れ株」があります。
  そんな「腐れ株」は私のような貧乏投資家に当たるように
  できています。
  金持ちでいい情報をもっている人は、
「腐れ株」の抽選には申し込まない。
ただ、ただ、新規公開株は儲かると単純に考えて、
どんな株でも参加する人間に、そんな「腐れ株」当たって、
そして「大損」してしまいます。
 私も大損しました。新規公開株に当たって損しました。

マネックス証券は口座を開設すればフィスコの新規公開株の有料情報を、無料で見れる。
 その情報を元に新規公開株に申し込めば、安全・確実です。
 新規公開株で儲けようと思ったら、
 とりあえずマネックス証券への口座開設は必須です。

マネックス証券に口座を開設すれば、はさまざまな投資情報のほとんどが無料で見れる。
 新規公開株の初値予想や初値分析などが無料で見れる。
 これがなければ危険で、新規公開株には参加することができない。

②当選確率を40倍にする
E*トレード証券には、IPOのチャレンジ制度が あるからである。
 IPOチャレンジ制度とは何か。
 それは、1回落選すると1倍当選確率が増える。
 つまり、「1チャレンジポイント」がもらえる。
 10回続けて落選すると10倍当選確率が増える。
 私の場合、32回連続落選して、
 「チャレンジポイント32」で申し込んだら、当選。
 なんと16万で当たった株が初値70万、
 3日後には110万円になった。

  ずっと申し込めば1年に1回くらいは、当選できると思う。

 

③無利息で資金を調達する

新規公開株の抽選や申込の際には、拘束金が発生します。
お金がたくさんあれば当選確率があがります。
それは、宝クジでもそうですが、多く申し込めば当選する確立が増えるからです。
でも、お金がない人はいつまでたっても、IPOに当選できないか?
そんなことはありません。
こんな時は、「消費者金融」をうまく使います。
15日間無利息ローンのクレディアをご存知でしょうか?
2週間以内にお金を返せば、利息はタダです。

更にスマートローンのディックのテンフリーキャッシングを利用すれば10日間無利息なので、クレディアとディックを合わせて、上限500万円分の新規公開株に参加できるのである。

 資金がなくても、IPOに参加できるのである。
IPOに落選した場合は、期日までにお金を返却すれば一切の費用が発生しない。
それが、競馬・パチンコ等のギャンブルとIPO投資の違いである。
 負けても損はしないが、勝てばそんなギャンブルとはケタの違う
大金が儲かるのである。

④すべて、ネットで決済する
カタギのサラリーマンが「消費者金融」に出入りしているところを見られた
ならば、かなり世間体が悪い。
クレディアとディックも、一切、来店不要でキャシング出来るし、返済も出来る。
そこで、必要になるのがネット銀行である。
これは、あまりにも常識なので、ここで特別、書く必要もないが
手数料無料!【イーバンク】がなければ、ネットで儲けることは出来ないと言っても過言ではない。

⑤50倍の当選確率で、600万円分申し込む

E*トレード証券で1年間申し込んで全部落選すれば、だいたい50Pチャレンジポイントたまる計算になる。
そして、マネックス証券の初値予想が「アグレッシブ」で絶対に大きく値上がりする情報がある時は、勝負である。
スマートローンのディックならば、初回だけ特別に30日間無利息である。
 普通のサラリーマンなら、最大400万円の融資を受けられる。
そして、30日以内に返せば「無利息」である。
 15日間無利息ローンのクレディアと合わせて使えば、資金0円の人間でも、600万円分新規公開株に申し込めるのである。
 無から有を生む必殺の「IPO当選術」である。
 無料でこの文章を読めるあなたは、きっと幸せ物である。


 パシフィックネットをIPOであっさり、落選です
 

 なぜか?
 たぶん、イートレイドで一度も株を買ったことがないのが
 原因だと思う。
 イートレイドはどうやっても、手数料が発生するので
 新規公開株の申し込み以外は使ったことがないから、
 ハジかれているのだと思う。
 今後は何回か連続して、イートレイドで売買して見ようと思う
 オンライン取引でも、義理は大切なのかも知れない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 いろいろ工夫して、新規公開株に挑戦していた。

 サラ金に口座を開設すると、たぶん個人情報が漏れるというか
売られるのではないかと思う。

  変な勧誘電話が来る原因になったのかと反省している。

 新規公開株の優良情報を無料で仕入れる方法を開発しなければならないと思う。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://psjfk.blog23.fc2.com/tb.php/1734-eae860b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
外国為替証拠金取引・FX入門・ETFリート 退職に備える投資法