株式投資で資金30万円を5年間で160万円に増やすことに成功。今度はFX投資で300万円の資金で1日4,500円のスワップ金利収入を毎日ゲットすることに挑戦する。  ETFリートでバーチャル大家も目指す。 退職後は豊かな投資ライフを楽しむ  
2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/092017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/092017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/092017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/092017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09
 
 「家で雇った使用人もヘボンの暗殺を計画したり、彼らがスパイであることも多かったという。そしてしばらく住み込んでみたが、ヘボンが全く怪しい人間でなく誠実さとか親切さ、そして非常な能力を持っているにもかかわらず、高ぶったり見下したりしないというので、斬りすてたりせねばならないような人間でないと分かって辞めていった者もあった。
また、ヘボンの妻のクララもあるとき、外出したおりに後ろから棒で殴りかけられて倒れ、意識不明になったほどで、もし打たれたところが肩でなく、後頭部であったら助からなかったかも知れないようなこともあった。
ヘボンが来日したのは、一八五九年、江戸時代の末期であり、・・・・・」

 「ヘボンの生涯と日本語」という本を読んでいる。


彼がいる日本では、尊王攘夷というテロの時代で
外国人がたくさん暗殺されていた。

 ヘボン博士の友人も何人か殺害されていて、
特に通訳の若者が殺された事を非常に悲しんでいた。
弟に宛てた手紙からみれる。

 そのヘボン自身も暗殺のターゲットにされていたが、
暗殺者がヘボンの人柄に触れて、殺害をあきらめたことも
書かれている。

 突然、使用人として使っていた日本人が今日限りで、お暇を
頂きたいと申し出たのだが、自分は暗殺者なのだがあなたを
殺せないので、今日限りこの家を出ますと申し出たというのだ。

 ヘボン博士がどんな人間かわかないが、
「イイヤツ」だったようだ。

 何を隠そう私はヘボンとビールを飲んだことがある。

 19歳の時に、深夜に大学に侵入して
ヘボンの銅像にビールをかけながら、
飲み明かした。

 ヘボンはアメリカ人だからバドワイザーがいいだろうと
バドワイザーを銅像にかけたりした。

 本当にバチあたりのことばかり、
していた。

 同時期に、渋谷ハチ公の銅像に跨ったり
 三越のライオン像に跨ったりして、
 アレキサンダー大王だと叫んだりもした。

 ヘボン博士。今更ながら、あの時は失礼しました。
すいません。

 あなたの意思をついで、
なにか社会貢献をしたいと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://psjfk.blog23.fc2.com/tb.php/1688-03f95f13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
外国為替証拠金取引・FX入門・ETFリート 退職に備える投資法