株式投資で資金30万円を5年間で160万円に増やすことに成功。今度はFX投資で300万円の資金で1日4,500円のスワップ金利収入を毎日ゲットすることに挑戦する。  ETFリートでバーチャル大家も目指す。 退職後は豊かな投資ライフを楽しむ  
2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/112017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/112017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/112017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/112017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11
 未来世紀ジパングというテレビ番組を見た。

 テーマは海洋発電で、イギリスでは2020年までに原発20基分の
発電をする計画である。

 といっていた。

 日本も取り組んでいるが、漁業権が最大の問題で
海洋発電の計画がイギリスほど現実的でないという結論で
番組は終了した。

 海洋発電装置を海底、海上に設置すれば、
 漁師が漁が出来なくなる。

 私から言わせれば、漁業権の問題は簡単に解決できる。

 解決方法は「速乾ハンガー」である。

 「速乾ハンガー」はエアコンに引っかける事で、
スペースを生み出し、更にエアコンの風を利用して
洗濯物を乾かすシステムだ。

 日本の海洋発電のシステムも、この発想でやれば
漁業権問題を発生させないで、海洋発電が出来ると思う。

 既存の防波堤、橋の橋脚に海洋発電装置を
「引っかける」方式を取れば、漁業権問題は生まれない。

 しかも、新規に海洋発電装置を設置するのではなく、
既存の防波堤・橋の橋脚に「取り付ける」方法ならば、
費用も安くなると思う。

 鳴門大橋の橋脚に「速乾ハンガー」的な海洋発電装置を
開発して、設置すればいいのではないだろうか?

 日本全国の防波堤・橋脚に「速乾ハンガー」的な海洋発電装置を
設置すればかなりの電力が発生すると思う。

 しかも、漁の邪魔にもならない。

 この考えはかなり現実的で、実現可能なように思う。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://psjfk.blog23.fc2.com/tb.php/1683-8a4f3185
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
外国為替証拠金取引・FX入門・ETFリート 退職に備える投資法