株式投資で資金30万円を5年間で160万円に増やすことに成功。今度はFX投資で300万円の資金で1日4,500円のスワップ金利収入を毎日ゲットすることに挑戦する。  ETFリートでバーチャル大家も目指す。 退職後は豊かな投資ライフを楽しむ  
2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/112017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/112017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/112017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/112017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11
罪と罰の登場人物のスヴィドリガイロフの事をなぜか
考えている。

 彼と刑務所で自殺した尼崎での連続殺人事件の容疑者が
似ていると思う。

 スヴィドリガイロフも妻の殺害とか、幼女売春(ロリコン)
とか様々な疑惑の渦中の中でピストル自殺する。

 スヴィドリガイロフは欲望の為なら、殺人でもなんでも
手段を選ばないモンスターとして描かれているが、

しかし
 マルメラドウフー氏の貧しい遺族を経済的に援助していたり
善行もしたりして、わけのわからない複雑な人物である。

 下劣な人間でもあり、高尚な人間でもある。

 「殺人の肯定」理論はラスコと同じで、
ラスコの分身という人もいる。

 確かにラスコと同じテーマで、ラスコの転調として
同時進行で描かれている。

 ラスコは告白して、シベリア流刑になるが、

 彼は突然、ピストル自殺をして終わる。

 尼崎連続殺人事件の女容疑者のように。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://psjfk.blog23.fc2.com/tb.php/1680-6f157900
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
外国為替証拠金取引・FX入門・ETFリート 退職に備える投資法