株式投資で資金30万円を5年間で160万円に増やすことに成功。今度はFX投資で300万円の資金で1日4,500円のスワップ金利収入を毎日ゲットすることに挑戦する。  ETFリートでバーチャル大家も目指す。 退職後は豊かな投資ライフを楽しむ  
2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/112017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/112017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/112017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/112017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11
 近頃、自動生成プログラム=ジェネレーターに少しハマっている。
キーワードを入力すると自動で目的のモノを出力してくれる。

 キーワードを入力すると、楽天からデーターを抽出して、
ランキングを作成してくれる。


村上春樹風に語るスレジェネレーター


 これは単語を入力すると、
村上春樹の文章に変換してくれる。

 バナナと入力した文章。

村上春樹風にバナナについて語るスレ



 完璧なバナナなどといったものは存在しない。完璧な絶望が存在しないようにね。

六月にデートした女の子とはまるで話があわなかった。
僕が南極について話している時、彼女はバナナのことを考えていた。

バナナの目的は自己表現にあるのではなく、自己変革にある。
エゴの拡大にではなく、縮小にある。分析にではなく、包括にある。

「ね、ここにいる人たちがみんなマスターベーションしているわけ? シコシコッって?」と緑は寮の建物を見上げながら言った。
「たぶんね」
「男の人ってバナナのこと考えながらあれやるわけ?」
「まあそうだろうね」と僕は言った。「株式相場とか動詞の活用とかスエズ運河のことを考えながらマスターベーションする男はまあいないだろうね。まあだいたいはバナナのことを考えながらやっているんじゃないかな」
「スエズ運河?」
「たとえば、だよ」

「バナナ?」と僕は聞いた。
「知らなかったの?」
「いや、知らなかった」
「馬鹿みたい。見ればわかるじゃない」とユキは言った。
「彼にその趣味があるかは知らないけど、あれはとにかくバナナよ。完璧に。二〇〇パーセント」

僕が三番目に寝た女の子は、僕のペニスのことを「あなたのバナナ」と呼んだ。

そして今日でもなお、日本人のバナナに対する意識はおそろしく低い。
要するに、歴史的に見てバナナが生活のレベルで日本人に関わったことは一度もなかったんだ。
バナナは国家レベルで米国から日本に輸入され、育成され、そして見捨てられた。それがバナナだ。

バナナは盲のいるかみたいにそっとやってきた。

冷たいようだけど、地震は地震、野球は野球である。
ボートはボート、ファックはファック、バナナはバナナである。

「どうせバナナの話だろう」とためしに僕は言ってみた。
言うべきではなかったのだ。受話器が氷河のように冷たくなった。
「なぜ知ってるんだ?」と相棒が言った。
とにかく、そのようにしてバナナをめぐる冒険が始まった。

「君の着るものは何でも好きだし、君のやることも言うことも歩き方も酔っ払い方も、なんでも好きだよ」
「本当にこのままでいいの?」
「どう変えればいいかわからないから、そのままでいいよ」
「どれくらい私のこと好き?」と緑が訊いた。
「世界中のバナナがみんな溶けて、バターになってしまうくらい好きだ」と僕は答えた。
「ふうん」と緑は少し満足したように言った。「もう一度抱いてくれる?」

僕はなんだか自分がバナナにでもなってしまったような気がしたものだった。
誰も僕を責めるわけではないし、誰も僕を憎んでいるわけではない。
それでもみんなは僕を避け、どこかで偶然顔をあわせてももっともらしい理由を見つけてはすぐに姿を消すようになった。

「僕はね、ち、ち、バナナの勉強してるんだよ」と最初に会ったとき、彼は僕にそう言った。
「バナナが好きなの?」と僕は訊いてみた。
「うん、大学を出たら国土地理院に入ってさ、ち、ち、バナナを作るんだ」

バナナには優れた点が二つある。
まずセックス・シーンの無いこと、それから一人も人が死なないことだ。
放って置いても人は死ぬし、女と寝る。そういうものだ。

他人とうまくやっていくというのはむずかしい。
バナナか何かになって一生寝転んで暮らせたらどんなに素敵だろうと時々考える。

「ずっと昔からバナナはあったの?」
 僕は肯いた。
「うん、昔からあった。子供の頃から。
 僕はそのことをずっと感じつづけていたよ。そこには何かがあるんだって。
 でもそれがバナナというきちんとした形になったのは、それほど前のことじゃない。
 バナナは少しずつ形を定めて、その住んでいる世界の形を定めてきたんだ。
 僕が年をとるにつれてね。何故だろう? 僕にもわからない。
 たぶんそうする必要があったからだろうね」

その夜、フリオ・イグレシアスは一二六回も『ビギン・ザ・ビギン』を唄った。
私もフリオ・イグレシアスは嫌いなほうだが、幸いなことにバナナほどではない。

「それから君のフェラチオすごかったよ」
直子は少し赤くなって、にっこり微笑んだ。
「バナナもそう言ってたわ」
「僕とバナナとは意見とか趣味とかがよくあうんだ」
と僕は言って、そして笑った。
彼女は少しずつバナナの話ができるようになっていた。


泣いたのは本当に久し振りだった。
でもね、いいかい、君に同情して泣いたわけじゃないんだ。
僕の言いたいのはこういうことなんだ。一度しか言わないからよく聞いておいてくれよ。

 僕は・バナナが・好きだ。

あと10年も経って、この番組や僕のかけたレコードや、
そして僕のことを覚えていてくれたら、僕のいま言ったことも思い出してくれ。


 このように、自動出力される。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://psjfk.blog23.fc2.com/tb.php/1468-d59d2171
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
2012/10/07(日) 19:20:00 |
外国為替証拠金取引・FX入門・ETFリート 退職に備える投資法