株式投資で資金30万円を5年間で160万円に増やすことに成功。今度はFX投資で300万円の資金で1日4,500円のスワップ金利収入を毎日ゲットすることに挑戦する。  ETFリートでバーチャル大家も目指す。 退職後は豊かな投資ライフを楽しむ  
2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/112017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/112017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/112017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/112017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11
 何回か大きい引っ越しをした。

 同じところに長く住んでいると家の中がモノダラケになってしまう。
 特に私の場合、本が多くなる傾向があった。

 住居面積に占める書籍の割合が高くなる。
 もともと狭い家の中に本がたくさんあると邪魔だということに気づいた。
 そして本にはダニがたかる。
 本を開くとダニというのだろうか、かなり小さい虫のようなものが動いてる時もあり、
 健康に悪いのではないかと考え、
 10年前に家を新築した時にあえて本棚を捨て、
 新しい本棚を買わなかった。

 そんな決意をしたものの、5年くらいでいつのまにか本が増えて来て、
 小さな本棚を買ったが、それもいつのまにかいっぱいになった。

 現在、家の中のあちこちに本がカビかキノコのようにぼこぼことそこら辺に
 不規則にある。
 
 だいたいに一度、読んだ本を再読する可能性はあるが低い。
 でも、再読できるという安心感で本が家の中にある。

 再読する可能性が低いので、本棚から溢れた本はブックオフとかのリサイクルに売る計画をしている。
 断舎利というのだろうか、家の中を整理整頓すると
 精神的にも肉体的にも健康に良いらしい。

 本も読みたい人に嫁いだ方が本望であろうと思う。
 ただ思うのだが、出来れば自分の本を高く売りたいとも思う。

 ブックオフで売れば、十把一絡でどの本も同じ値段になってしまう。

 「せどり」というものがあり、価値ある古本とかを本当の古本屋は高く買うらしい。

 以前にホームレス作家/松井計という本を読んだのが、松井計氏は渋谷で殴られ屋をやったり、廃品回収をしたりいろいろな生業をしながらホームレス生活をしていた。
 
 殴られ屋というのは、サンドイッチマンのように胸から「1発1000円で殴られます」と看板を下げて繁華街を歩いて、酔っぱらいなどに殴られる職業でその経験が書かれていた。

 松井氏は空手の有段者で殴られる時に見切るので、ケガをしないように出来た書いていた。
 しかし、殴る相手が格闘技経験者などもいて見切れれないでケガをすることもあると書いていた。
 大学の空手部の連中に殴られたときは、かなりケガをしたと書いていた。

 彼がホームレスから脱出するきっかけになったのが「せどり」である。 
 彼はもともと作家なので、書籍に関する知識が高く、
 書籍の価値について知っていた。

 中野で彼はホームレスをしていたのだが、廃品回収で得た数百円のお金でブックオフで
 価値のある本を100円で買う。
 それを歩いて神田神保町の古本屋で1万円で売る。
 
 中野から神保町に本を売る行商をして、3ケ月くらいで30万円くらいの貯金をして
 アパートを借りて、ホームレスから脱出したことが書かれていた。

 「せどり」の知識のある人から見ればブックオフは宝の山らしい。

 もしかしたら、私の本の中にも価値ある古本があるかも知れない。
 「せどり」についてちょっと調べて見たいと思う。

 「せどり」って本の目利きと言うか、商売の本質的なことだと思う。

 「売る」

 売って利益を得るという行為は、安く買って高く売るという事で、
 まさに投資もその行為そのもの。

 儲けることが出来るかということは、「せどり」の知識がどれだけあるかということのように思う。







 

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://psjfk.blog23.fc2.com/tb.php/1210-809c7e86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
外国為替証拠金取引・FX入門・ETFリート 退職に備える投資法