株式投資で資金30万円を5年間で160万円に増やすことに成功。今度はFX投資で300万円の資金で1日4,500円のスワップ金利収入を毎日ゲットすることに挑戦する。  ETFリートでバーチャル大家も目指す。 退職後は豊かな投資ライフを楽しむ  
2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/112017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/112017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/112017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/112017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11




 題名の「初恋のきた道」は日本独自の題名で
 原題は「我的父親母親」(私の父と母)である。


 この映画は父の葬式の場面からはじまる。

 悲しみに打ちひしがれ、葬式の方法に年寄り独特の意固地さを見せる皺くちゃの老母の顔から、
 父と母が出会った頃の村一番の美しい娘だった母の顔への移行シーンは
 見事な老から若への移行は、この監督の才能を強く感じる。

 チャン・ツィイーは本当にかわいい。
 文盲の素朴な村娘を演じる彼女は本当は超都会育ちのクールな女性とのことだ。

 エリート医師を仲居クンが演じると、しっくり来るのと同じで
 演技と言うのは真逆な人がやった方がしっくりするモンだと言うことか?

 暴れん坊将軍を本当の徳川家の血筋の人がやってもダメで、
 農家な七人兄弟の末っ子で寿司職人の見習いをやっていた役者が演じたほうが
 リアルというのは不思議だ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://psjfk.blog23.fc2.com/tb.php/1183-2e2863ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
外国為替証拠金取引・FX入門・ETFリート 退職に備える投資法