株式投資で資金30万円を5年間で160万円に増やすことに成功。今度はFX投資で300万円の資金で1日4,500円のスワップ金利収入を毎日ゲットすることに挑戦する。  ETFリートでバーチャル大家も目指す。 退職後は豊かな投資ライフを楽しむ  
2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/112017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/112017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/112017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/112017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11
 量子力学のノーベル賞級の科学者の机の上に、仏像があるのをどこかで見た。

 現代の最先端の科学は、釈迦の悟り世界を数式で説明している。
 現代の高僧は寺院ではなく、素粒子研究所にいるのだ。

 確かに現在の寺院には、真理はなく
 量子力学などの研究者の近くに真理があるのだと思う。

 いつの時代でも、真理のあるところにお釈迦様はあらわれる。

 ⊿E×⊿t≧h (h=6.6×10のマイナス34乗J・s)

 ⊿Eがエネルギー、⊿tが時間を表していますが、⊿tが非常に小さい場合、⊿Eは電子を生み出すほどのエネルギーを持つことになります。つまり、真空でも極めて短い時間なら、電子が生まれてよいことなります。これを真空のもつエネルギーのゆらぎといいます。


「無も完全な無ではありえない」


 量子力学の出した答えは、お釈迦さまの悟りの世界を数式で表現している。


 「無も完全な無ではありえない」
 つまり、このゆらぎの状態を「空」というのだろうか?



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 引用 量子論と仏教


  (6)宇宙は無から生まれた


量子論では真空も完全な無ではありえません。エネルギーと時間の不確定性関係式より、エネルギーが完全にゼロだとエネルギーが確定してしまうからです。

⊿E×⊿t≧h (h=6.6×10のマイナス34乗J・s)

⊿Eがエネルギー、⊿tが時間を表していますが、⊿tが非常に小さい場合、⊿Eは電子を生み出すほどのエネルギーを持つことになります。つまり、真空でも極めて短い時間なら、電子が生まれてよいことなります。これを真空のもつエネルギーのゆらぎといいます。

「無も完全な無ではありえない」

なんと仏教的な表現でしょう。仏教では
「すべては空である」
と一旦無であるかのように表現しておいて、さらに進むと
「あらゆるものは有無の両辺を離れている」
と”中”を説くのです。

物理学でも一旦真空と表現しておきながら
さらに進んで量子論になると実は真空は
「”無”と”有”の状態の間でゆらいでいる」
と説明されます。

そして、このゆらいでいる”無”からうまれたミクロな宇宙が、なんらかの原因で急膨張をおこし、今の宇宙が生まれたという説が有力です。

宇宙が”無”から生まれた!

これまたなんと仏教的な世界でしょう。
科学も進めば進むほど、ほとけの教えに接近していくようです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://psjfk.blog23.fc2.com/tb.php/1140-cf98662a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
外国為替証拠金取引・FX入門・ETFリート 退職に備える投資法