株式投資で資金30万円を5年間で160万円に増やすことに成功。今度はFX投資で300万円の資金で1日4,500円のスワップ金利収入を毎日ゲットすることに挑戦する。  ETFリートでバーチャル大家も目指す。 退職後は豊かな投資ライフを楽しむ  
2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/092017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/092017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/092017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/092017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09
 12月は株式・投信の配当金が到着した。
 合計で24,071円である。

 これは10%税金が引かれた後の手取り金額です。

 税金は自動的に引かれるのでしょうがいないと思う。
 この税金が再来年から20%になるならしい。

 ますます、手取り金額が少なくなる。

銀行金利は0.1%。

 金利所得、配当金所得に係る税金は20%で、
 よくだれも文句を言わないと思う。


 この税金を取り戻す方法がある。
 確定申告をすればいいらしい。

 家族の中に専業主婦がいたら、株式・投信の名義は専業主婦に変更する。
 そうすれば38万円までの収入については、
 非課税になる。


 具体的な方法

 まず最初は、専業主婦の方が配当での源泉徴収を取り戻す方法です。
例えば、グローバルソブリンなどの毎月分配型の投資信託でささやかな資産形成をされていらっしゃる方がいると思います。明細を見ると、普通分配金に対して、7%の所得税と3%の地方税が源泉徴収されています。この納めすぎた税金を取り戻すのです。
<モデルケース>
●株式の配当金4万円(所得税2,800円、地方税1,200円)
●投資信託の普通分配金6万円(所得税4,200円、地方税1,800円)
●合計配当金10万円(所得税7,000円、地方税3,000円)
●専業主婦につき、収入は0円
<計算手順>
1)国税庁確定申告書等作成コーナー(平成17年)へアクセス
2)『所得税の確定申告書作成(黄色)』をクリック
3)『申告書A』をクリックし、入力開始
4)配当所得をクリックし、収入金額と源泉徴収金額を入力
 (注:源泉徴収は所得税の額です。住民税は含みません)
 (注:株式は、1に。投資信託は通常2に入れることになります)
5)住所・氏名・還付金口座を入力
6)『住民税に関する事項(申告書A)』をクリック
7)『自分で納付(普通徴収)』にチェックし、『配当割額控除額』に3,000円を入力
<計算結果>
所得税の還付金7,000円(配当控除8,000円)となります。おそらく住民税の3,000円は別時期に還付されると思われます。
<理由>
国民一人一人38万円の基礎控除額を持っているために、その金額までの収入は、還付されることになります。


 我が子のために株式投資 「負けない投資」から引用しました。

 私のように小額投資家であれば、個人として投資するのではなく
 家族でチームとして投資をすれば、
 節税できると思います。

 家族が多いほど非課税額が増えると思います。

 20%の税金を引かれない為に、手取りの配当金を少しでも増やす為に
 少し税金対策を考えています。

 しかも、確定申告はパソコンで出来るので便利です。


 昨年はゴンベさんに指導してもらって、税金が還付されました。
コメント
この記事へのコメント
 10年以上前に定期預金の利息の少なさから株を始めた。だから株は、売買利益を求めず優待+配当が目的であった。配当と優待とたまの売買で投資額の半分近い利益?となっている。上出来!
 しかし、初めてからFXは悲惨。投資額にも達していない
2010/12/25(土) 07:10 | URL | 名無権兵衛 #-[ 編集]
FXは「100年に1度の金融恐慌」がなかったら、株よりは儲けやすい投資だと思います。

 1ドル120円から80円では、なかなか儲けることが難しいです。

 来年は1ドル=100円くらになることを望みます。

 そのくらいのレートであれば、ポジションをキープして、為替差益も定期的に出せると思います。
2010/12/26(日) 02:06 | URL | psjfk #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://psjfk.blog23.fc2.com/tb.php/1040-33c901ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
外国為替証拠金取引・FX入門・ETFリート 退職に備える投資法