株式投資で資金30万円を5年間で160万円に増やすことに成功。今度はFX投資で300万円の資金で1日4,500円のスワップ金利収入を毎日ゲットすることに挑戦する。  ETFリートでバーチャル大家も目指す。 退職後は豊かな投資ライフを楽しむ  
2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/092017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/092017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/092017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/092017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09
 今日は「あきんど」としての村上春樹を語ってみたい。

 例えば、911のテロ現場でたくさんの人が亡くなったとする。
 そこに、これはビジネスチャンスと思って、
 葬儀屋とか、墓石屋・棺桶屋が営業に行ったら顰蹙を買うと思うが、

 それでも商魂逞しい、営業マンはやはり行くのではないかと思う。


 昔に日本では、サリン事件と言う傷ましい事件があり、連日、報道されていた。
 これだけの大事件をネタに作品を書けば、
 ビジネスとしてかなり手堅い収益を確保できると思うが、
 火事場泥棒、葬式泥棒てきな側面もあり、
 なかなか取り扱う作家がいなかった。


 それは自殺の名所に保険屋を開設して、自殺志望者に保険の勧誘を勧める行為にも似て
 エゲツナイないと思う。

 だれが、どの作家がやるのだろうと思っていたら、
 村上春樹だった。

 この事件に衝撃を受けて止むに止まれずに書いた繊細な芸術家を気取っていたが、
 あきらかに芸術家の皮を被ったソロバン丸出しの大阪あきんどであった。

 (これは同じ関西あきんどの血を継く、私には直感的にわかる)

 ここら辺の彼の行動は、同じく京都出身のブサイクな顔をした島田シンスケと同じで
 抜け目がない。

 島田シンスケも、村上春樹も成功者として世に君臨している。

toni



 デジタル縄文人が霊視した村上春樹の本当の自画像

 
 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://psjfk.blog23.fc2.com/tb.php/1028-6f09b8fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
外国為替証拠金取引・FX入門・ETFリート 退職に備える投資法