株式投資で資金30万円を5年間で160万円に増やすことに成功。今度はFX投資で300万円の資金で1日4,500円のスワップ金利収入を毎日ゲットすることに挑戦する。  ETFリートでバーチャル大家も目指す。 退職後は豊かな投資ライフを楽しむ  
2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/112017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/112017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/112017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/112017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

 旧人のネアンダルタール人から埋葬が行われた遺跡が残っている。
 原人には埋葬の痕跡がない。

 おそらく宗教の種は、旧人の埋葬から発生したのではないかと思う。

 動物と人間を区別するのに、埋葬を行うかどうかと言うことが大きな意味を持っているいると思う。

 それから何万年も経過して、人類に「精神革命」が起こる。

 ギリシャのソクラテスや、エルサレムのキリスト、インドの釈迦、中国の孔子など
 世界の四大聖人がこの「精神革命」を起こした。

 埋葬の儀式、その埋葬に伴う職業人など漫然としないものが体系化する。

 各民族の倫理・道徳・神話などが、この革命によって体系化され、更にそれが国家を治める為の法体系の整備につながって行くのである。

 法律の基盤になっているものは、宗教であり、宗教の源流は神話・道徳・倫理観となっている。

 法律・宗教・倫理・道徳はセットになっているので、宗教を廃止すればその国の法体系も崩壊し、
 法治国家として麻痺してしまう。

 例えば、ソ連時代のロシアが宗教を禁止しようとした時に、社会の秩序崩壊が発生し、
 クレムリンの人々は慌てて修正した。

 法治国家の中には、法律の中にはと言うか、どの国の憲法でもいいが、
 憲法=その国の宗教と言っても言い過ぎではないと思う。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://psjfk.blog23.fc2.com/tb.php/1020-7e2e36dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
外国為替証拠金取引・FX入門・ETFリート 退職に備える投資法