FC2ブログ
株式投資で資金30万円を5年間で160万円に増やすことに成功。今度はFX投資で300万円の資金で1日4,500円のスワップ金利収入を毎日ゲットすることに挑戦する。  ETFリートでバーチャル大家も目指す。 退職後は豊かな投資ライフを楽しむ  
2018/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/062018/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/062018/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/062018/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/062018/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/06
縄文式FX投資法
■デジタル縄文式FX投資法の真髄
①下がったら1,000通貨単位で追加購入を繰り返すことによって、「平均購入価格」を下げる。
②為替差益が保有通貨から発生する1日あたりスワップ額の3ケ月以上発生したら、一旦、売却し利益確定する。

NISAが使えるロボアドバイザー。
購入手続きは手動で実行型の半自動だがそれはそれでいいのかも。
全自動だから他のロボアドバイザーはNISAを使えないわけで。
AI投資をやるならここかも。
手数料が最安で更にNISAで節税できるので、自分に合っていると思う。
儲ける前にコストを抑える。
ロボアドバイザーはウエルスナビが一番、人気だがNISAが使えない。
NISAは積立NISAも使えば1400万円の非課税枠でこれはデカイと思う。
投資信託で年間10万円の配当金に2万円以上の税金。
NISAを使えば2万円の税金を節税できる。
ロボアドバイザーの魅力も運用が上手なだけでなく信託報酬が安いということも大きい。
その仕組みはETFをAIを使って運用するから。
コンピュータ✖️コンピュータ
更にこれにNISAの非課税枠を使えればいいと思う。
ウエルスナビは運用成績はいいが、NISAは使えない。
そうなると松井証券の投資工房が選択肢になる。
人工知能が自動で運用してくれる投資方法。
ETFをAIが運用するのが基本。
ETFもインデックスで統計学をコンピュータで弾きだしているので、人工知能✖️人工知能でもっともコストパがいいらしい。
ファンドマネジャーは将来的には仕事がなくなる可能性があるようだ。
でも、実際にやるにはまだちょっとと思う。
 松井証券とかもやっているけど。
外国為替証拠金取引・FX入門・ETFリート 退職に備える投資法