株式投資で資金30万円を5年間で160万円に増やすことに成功。今度はFX投資で300万円の資金で1日4,500円のスワップ金利収入を毎日ゲットすることに挑戦する。  ETFリートでバーチャル大家も目指す。 退職後は豊かな投資ライフを楽しむ  
2014/081234567891011121314151617181920212223242526272829302014/102014/081234567891011121314151617181920212223242526272829302014/102014/081234567891011121314151617181920212223242526272829302014/102014/081234567891011121314151617181920212223242526272829302014/102014/081234567891011121314151617181920212223242526272829302014/10
縄文式FX投資法
■デジタル縄文式FX投資法の真髄
①下がったら1,000通貨単位で追加購入を繰り返すことによって、「平均購入価格」を下げる。
②為替差益が保有通貨から発生する1日あたりスワップ額の3ケ月以上発生したら、一旦、売却し利益確定する。

不良少年とは個別に話すと
素朴でいいヤツな場合がある。

そんな不良少年が暴走族という組織に属すると悪魔的な事件の主謀者になったりする。

群集心理の力。
集団性の魔力。

組織を形成して、
組織を維持し、
組織を発展させる、

ノウハウが書かれている孔子の論語は勉強してみる価値があると思う。

人間社会は猿山とほぼ一緒という事。

権力欲と言うのは猿の本能なんだと思う。

否定はしない。
同級生の3人が原子力発電で働いている。

1人は技術者として。
2人は課長として。

3人とも真面目で優秀な学生だった。

組織に属しているというのは思想信条、理念なんていう事を言えないだと思う。

だいたい大学生の父親である彼らは学費の仕送りを考えねばならないのだろう。

電力会社の職員が原発反対と言ったら、クビだろう。

彼らの立場は理解出来るが、しかし、それでいいのかとも思う。

女房子供を食わせるだけが人生のすべてではないようにも思う。

組織に属して生きると言うのは、思考停止を必要とする生き方だと思う。


本日、8月の電気代の請求書が来た。

1万6千円だった。

例年だと8月の電気代は2万3~5千円くらいなので節電出来たと思う。

予想以上の節電になった。

ソーラー噴水が1,800円だったが
それ以上の効果が出た。

バケツに雨水を入れただけだが、
シンプルだが効果があった。

電気代はエアコンと冷蔵庫が大部分を占めるので今度は冷蔵庫の節電を考えたいと思う。

儲けるのは下手だが、
コストカッターとしての才能があるかも知れない。
孔子について勉強しようかと思っている。

論語は高校の授業で睡眠学習で学んだ程度で勉強した事はない。

忠とか孝とか義なんかが
思想の中心のように考えている。

アジアの国家では孔子の思想の儒教が多くの国で採用されて来た。

組織にとっては、年功序列とか組織に忠誠を誓う考えは都合が良く、軍国主義の日本でも国家への忠誠の為に自爆攻撃の正当化の理論になったのではないかと考えている。

科挙試験などから現代の官僚制度につながる過度な受験制度も儒教思想が背景にあると思う。

国内の秩序を保つには儒教は有効だが、外敵の攻撃には極めて脆い特徴を持つのも儒教の特徴だと思う。

今回の韓国の海難事故の対応の悪さも儒教の影響を感じる。

臨機応変な対応が出来ない官僚制度の弊害とういか、エリート制度の慣れの果て。

韓国の受験の中には国家の異常性が垣間見える。

儒教思想の否定的な面ばかり見えるが、ちょっとちゃんと勉強してみようかとも思う。

世界の3大聖人の一人の孔子の事を知らないのは教養不足なので。

孔子は忠、孝とか犬のような性格では。

老子は無為自然、上善水の如し、とか
猫のような性格だと思う。

組織に属している時は孔子の思想は必要だと思う。

組織を離れて個人として生きる時は、老子がいいのではないかと考えている。
ほっともっとの弁当が宅配できるようになっていた。

知らなかった。

超便利だ。

私は諸般の事情により宅配サービスを使う事が多い。

アマゾン、楽天もだが弁当系の宅配もかなり使用する。

ワタミの宅食サービス
セブンミール
地域独自の弁当宅配

ワタミ、セブンミールはチルド弁当で味が落ちる。

電子レンジでチンが嫌いだ。

地域弁当は寿弁当の名前のとおり高齢者向けの味付けでヤングな私の口には合わない。

宅配弁当系ではほっともっとが一番美味しい。

宅配でもチルドではなく、名前のとおり「ほっともっと」でほっかほっか弁当を食べられるのは感動した。

1500円以上の注文で宅配料金は無料。
それ以下だと宅配料金は300円です。

電話ではなくインターネット注文のみ。

宅配時間は11時から15時。

便利な時代になったと思う。



上場インデックスファンド豪州リートを定期的に買い増す計画である。

理由はETFリートなので松井証券を使えば売買手数料が無料で、信託報酬も0.54%と安い。

それとオーストラリアは2050年までの人口増加率が50%の予想である。

ちなみに日本は20%の人口減少を見込まれている。

予定は未定かも知れないが、それでも人口増加が見込まれれば住宅需要も安定した増加が見込まれるのではないだろうか?

人口増加のあるところでは土地神話は健在であると思う。

オーストラリアの人口増加というのは、アフリカ、アジアの貧しい国とは違って健全であるようにも思う。

移民政策での人口増加は単純労働者ではなく、高学歴な技術者が移民であるのも投資を考える上で良いと思う。

規模としては一千万円くらいを目標としたい。
 遊びに来る猫達は発情期のようだ。
暑い夏が終わり、過ごしやすくなると発情するようだ。

 春と秋の年2回の発情で、たぶん出産も年2回なんだろうと思う。
ニャンコ先生も初めての発情のようだ。

 ニャンコ先生はメス猫なので、出産したら
我が家の庭が猫屋敷の様相になるのではと不安だ。

自分のブログを見て気づいたのだが、株式投資もFXも10月にはじめている。
私も猫と同じく秋には体調が良いので、

 新しい試みは10月にはじめるというバイオリズムがあるんだなと思っている。

NISAはやろうかなと思っていたが、体調が悪く気力が湧かないので
そのままやっていなかった。

 やっと、やろうと思い松井証券にNISA口座の開設申請をした。

なぜ、松井証券かというと

 10万円以下の手数料無料というのは同じだが、

 松井証券のNISA口座は更にETFの売買手数料が制限なく、無料だからだ。

 ETFリートをドルコスト平均法で買い増して、資産規模を増やすして年金のような配当金を受け取る事を狙う。

 戦略を考えているが、売買手数料の節約なら松井証券だと思う。

 銘柄の値動きの予想はかなり困難だが、
 投資に掛かるコストカットは工夫すれば確実に実行できる。

 なぜETFかと言えば、運用コストが安いことも理由のひとつだ。

 普通の投資信託の信託報酬は1%くらいだが、
 ETFの場合は0.5%くらいと保有コストが安い。

 長期に保有する場合には信託報酬のコストは意外と大きい。


 松井証券でNISAをやれば、

 ①ETFの売買手数料は金額に関係なく無料。
 ②ETFの信託報酬は一般の投資信託の半分くらい。

 そんな感じで、松井証券でNISAをやろうと思う。

 NISAの上限金額が100万円から200万円に拡大されるらしいが
 拡大されても、松井証券にはNISA口座の手数料無料は続けてほしいと思う。
国防・軍事・防衛・安保への国民世論の無知は、最大の特徴「極端から極端に振れきる」なかで、いつも国を誤った方向に導いてきました。お先棒を担いできたのがいつも「マスメディア」という構図も、明治から今まで全く変わっていません。

朝日新聞は侵略戦争を日本国を全否定する報道をしてきた。

その全否定の中には、モリ過ぎの話もあった。

近頃の風潮はまた極端な方向に振れている。

侵略戦争の全肯定。
国家の全肯定。

南京大虐殺はなかったとか。

吉田所長を神格化する事によって、国策としての原子力政策の全肯定。

そして再稼働させようとしている。

非常用発電等の設備が全て使えなくなった原因は常日頃の点検業務も豪快でやっていない、もしくは不十分だったのは吉田所長の責任ではないだろうか?

第二原発では同じように津波にあっても非常用設備がちゃんと機能したのだから。

亡くなった人を責めるつもりはないけど、吉田所長の神格化の風潮にはいかがなものかと思う。

特に
産経新聞のバカのはしゃぎぶりを見ると腹がたつ。
他の娼婦はとても相手にしないような田舎者・鼻つまみ者を対等にお客として扱って他の娼婦達から変態好きと言われている。


誰でも相手にするといわれる売春婦でもハゲ、ホームレス、カタワとかはNGだったりするんだけど、ソーニャはそんな人もお客として対等に扱う。

その為に売春婦達の間で変態好きとのレッテルを貼られている。

改めてこのテキストを読んで、ソーニャの人柄を再認識した。

不感症だから聖なる娼婦ではなく、
マグダレアのマリアと同じ存在。
庭に遊びに来る野良猫に餌をやっている。

元は死にかけた子猫で、地域のボス猫やカラスに殺されかけたり、近所で毒餌を撒かれてもよほど強運を持っているのか生き残りそして成長した。

この子猫には影のように寄り添っている親猫がいる。

私と猫の関係は庭に遊びに来ると餌をやって頭を撫でるだけである。

猫は機嫌が良いとゴロゴロと転がるので腹を触ってやったりする。

暑い夏の日は涼しい木陰で昼寝をしたり、

雨の日は濡れないような廃墟となっている隣の家の犬小屋に入ったり、

トカゲや昆虫をただただなぶり殺しにして遊んだり、

小一時間くらい入念に毛づくろいする日課を持っていたりする。

猫を見ていると老子の思想を体現しているように思う。

無為自然というか、
上善水の如しというか、

考えるな。感じなさい。

夏目漱石や風大左衛門が猫を自分の師匠と仰いだのは猫が老子の思想の体現者だからではないかと思う。



庭に遊びに来るニャンコ先生





ニャンコ先生と親猫。
ソフトバンクで無料で貰ったwifiルーターを使っていたが、古くなったので新しいルーターを買った。

故障したのが理由ではなく、近頃のルーターはMIMOが標準というのが理由。

複数のアンテナを使って送受信する技術をMIMOと言うが、iPadにはMIMOがあるのにルーターにはないというのではせっかくの高速機能が発揮されないと思い新型ルーターを購入した。


別に速度に不満があった訳ではないが、MIMOに対応させないとこのiPadも不憫かと言う親心だった。

結果として少し早くなったかなと感じる程度だ。

iPad以外のwifi関連製品のセットアップに2日間を費やしてしまった。

非常に面倒だった。

これからはあまり新しい製品を買わない事にしたい。

現状維持が一番いい。

たぶん、年老いて来たと思う。
外国為替証拠金取引・FX入門・ETFリート 退職に備える投資法