FC2ブログ
株式投資で資金30万円を5年間で160万円に増やすことに成功。今度はFX投資で300万円の資金で1日4,500円のスワップ金利収入を毎日ゲットすることに挑戦する。  ETFリートでバーチャル大家も目指す。 退職後は豊かな投資ライフを楽しむ  
2014/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312014/062014/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312014/062014/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312014/062014/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312014/062014/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312014/06
縄文式FX投資法
■デジタル縄文式FX投資法の真髄
①下がったら1,000通貨単位で追加購入を繰り返すことによって、「平均購入価格」を下げる。
②為替差益が保有通貨から発生する1日あたりスワップ額の3ケ月以上発生したら、一旦、売却し利益確定する。

石臼はアナログではあるがハイテクだと思う。

回転運動を与える事により、
麦粒が小麦粉(パウダー)として
自動排出される。

回転運動を停止することなく自動排出される仕組みがハイテクだと思う。

サドルカーンは前後運動を停止して
粉と殻とを分別しなければならいが、

ロータリーカーンは上質のパウダーだけが自動排出される。

マルクスも資本論の中で石臼の事を書いているが技術の発達が全て石臼に詰まっているように思う。

自分もBlogのシステムを試みているがクリエイターとして石臼に学びたいと思う。

サドルカーンの前後運動から回転運動への発想の転換。

基本原理から変化させる。
これぞ革新だと思う。

自動排出システム。
システムの自動化をする為に
上下の溝の紋様を考える緻密さ。

三千年前の地中海の周辺の人々はそれをやり遂げた。

石臼のようなシステムを構築したいと思う。
外国為替証拠金取引・FX入門・ETFリート 退職に備える投資法