株式投資で資金30万円を5年間で160万円に増やすことに成功。今度はFX投資で300万円の資金で1日4,500円のスワップ金利収入を毎日ゲットすることに挑戦する。  ETFリートでバーチャル大家も目指す。 退職後は豊かな投資ライフを楽しむ  
2009/081234567891011121314151617181920212223242526272829302009/102009/081234567891011121314151617181920212223242526272829302009/102009/081234567891011121314151617181920212223242526272829302009/102009/081234567891011121314151617181920212223242526272829302009/102009/081234567891011121314151617181920212223242526272829302009/10
縄文式FX投資法
■デジタル縄文式FX投資法の真髄
①下がったら1,000通貨単位で追加購入を繰り返すことによって、「平均購入価格」を下げる。
②為替差益が保有通貨から発生する1日あたりスワップ額の3ケ月以上発生したら、一旦、売却し利益確定する。


 G-7ホールディングス

 単元=100株  現在株価 500円(100株=5万円)


 ①配当金10円(2009年3月実績)  100株=1000円
 ②割引券 100株で年間4800円
 ③「カレー専門店のこだわりのカレー(10個パック)」(要アンケート)
 ④松井証券 預株料  ?円
 再び株式だと思っている。

 株式取引では、いろいろと勉強になった。
 暴落するのではないかと言う予想で、株からは一時的に撤退したが、
 再び株式に参戦しようと思っている。


 基本的に10万円以下で、株主優待が充実している株を松井証券を使って購入し、
 それを預株に入れて預株料も狙う。

 基本的に長期保有で、キャピタルゲインは狙わない方針である。

 私の住んでいる地域は自動車がないと生活できない。
 地下鉄・電車・バスなどの、公共交通機関が発達してない為で、どうしても
 自動車は必需品なのだ。

 自動車の維持管理費は、けっこうバカにならないし
 車検などは節約したいと思っても、必ず2年に1度は車検である。

 それを節約する方法を考えだしたのである。

 G-7と言う株を購入すればいいのである。

 http://www.g-7holdings.co.jp/investors/privilege.html
 
 ここの株主優待は100株で、オートバックスの値引券が年間4800円分もらえるのである。
 これを車検の時に使えば、節約に有効であると思う。

 本日の株価は100株で、ちょうど5万円である。
 なかなかお手ごろである。

 G-7は割合と安定している会社なので、他のイエロとかオートウエよりも安心感がある。

 それと株主優待で、高級レトルトカレーが10個もらえるのも、カレーが好きな私にはうれしい。
 当然、配当金もある。

 車検は2年に1度なので、車検のない時はオークションで売りさばくか、
 世話になっている兄弟にプレゼントしたいと思っている。

 オークション相場は7500円分の優待が5000円で売れている。

 オートバックス株主優待の相場
 

 株主優待も含めたG-7の配当利回りは10%以上になると思う。
 金利が0.1%で、外国通貨の金利も下がっている今、この利回り10%は魅力であると
 考えている。

 単元が10万円以下で長期保有でローリスクで、生活日需品の優待があり
 株主優待を含めた配当利回が10%以上の優良銘柄を、相場が底割れした時に購入したいと
 考えている。
集計時刻:2009/09/26 06:00:00

■□■ 合計


 評価損益 :-4,475,040

================================

◆ ドル/円(買)
 未決済ポジション :95,000
-----------------------------
 評価損益 :-3,027,040

◆ NZドル/円(買)
 未決済ポジション :50,000
-----------------------------
 評価損益 :-1,132,800

◆ ランド/円(買)
 未決済ポジション :100,000
-----------------------------
 評価損益 :-315,200


 第2波は予想をしていたので、想定内です。
 第2波の強さはどのくらいかわからないが、「買い」だと思う。
 特に日経平均1万円を切ってくれば、「買い」だと思います。

 第2波後にはかなり長い「上げ」が来ると予想します。
 憧れの大家生活を目指して、ETFリート「上場インデックスファンドJリート隔月分配 」を
 100株購入しました。

 10万円以下で購入できたので、購入しました。

 松井証券は10万円以下は手数料無料なので、コストがかからない。

 配当金は年6回。

 100株単位で、21年9月は787円、21年3月は2,759円とバラツキがあるが、
 基本的には家賃収入からの分配なので安定していると思う。

 http://www.nikkoam.com/products/etf-jreit/bunpai.html

 FX投資は失敗したわけではないが、予想外のトラブルに巻き込まれたのは確かだ。
 しかし、ドルの価値が蒸発してしまうことはないと思う。
 FX部門は放置して、新しい投資法を発見する努力をしたいと思う。

 カムイも「変移抜刀霞切」をあみだすまでに思考錯誤したように
 私も新しい投資を生み出す思考錯誤の道を歩みたいと思う。
 
集計時刻:2009/09/19 06:00:00

■□■ 合計


 評価損益 :-4,259,640

================================

◆ ドル/円(買)
 未決済ポジション :95,000
-----------------------------
 評価損益 :-2,854,140

◆ NZドル/円(買)
 未決済ポジション :50,000
-----------------------------
 評価損益 :-1,109,300

◆ ランド/円(買)
 未決済ポジション :100,000
-----------------------------
 評価損益 :-296,200


 この状態が3年くらい続くと思う。
 このまま、放置する。




 「兄弟物語」×「任侠物語」+「上京物語」=名作ドラマ「夜汽車で来たあいつ」

 この理論を活かして物語を書けば、小室哲哉・村上春樹のようなヒットメーカーになれると思う。
 ただこの2人に共通して言えることは、技術はすぐれているが魂が、心がない。
 
 執行猶予中の小室哲哉は50曲を同時に発売する計画をしているらしい。
 ポップス・歌謡曲には理論があり、彼はその理論をマスターしている自負があるので
 全盛期の彼のように50曲を同時に発売し、ヒットさせる自信があるのである。

 理論・セオリーはどの分野にも必ずあると思う。
 行列のできるラーメン店の味や、ケンタッキーフライドチキンの秘伝スパイスの配合なども
 人間の本能に訴えかけ、「売れる」のである。

 これは、映画・小説などにもある。
 「探偵物語」の「夜汽車で来たあいつ」にも、ケンタッキーフライドチキンの秘伝スパイスの配合
 と同じく人間の本能に訴える物語のセオリー・理論が完全に施されている。

 このドラマはその意味で、非常に完成度の高い作品だと思う。
 TVドラマは知能が低い視聴者に対して、知能が低い脚本家が書いたドラマがほとんであるが、
 「探偵物語」の「夜汽車で来たあいつ」は違う。

 まず、古典的な「安寿と厨子王」などの「兄弟愛物語」が主旋律で書かれている。

 天涯孤独の兄妹の物語で、兄は末期ガンの身をおして都会の売春組織に落ちってしまった
 妹の為に公金横領(ワイロ金)を犯して、命をかけて妹を救い出す物語。


 そして、もうひとつの旋律として、高倉健などの映画の伝統的な「任侠物語」が書かれている。

 都会のチンピラヤクザの工藤が、正直な田舎者の田村の兄弟愛に感銘し、
 昨日あったばかりの縁も縁もないこの田舎者の田村の為に、命をかけて任侠を見せる
 物語である。
 
 弱きを助け、強きを挫くのが任侠道である。


 この二つの旋律は、非常に美しい調律を奏で物語は進行する。

 それは、ケンタッキーフライドチキンの秘伝のスパイスのように、いい具合で配合されている。




 そして、隠し味として「上京物語」もブレンドされているのである。

 ギターで井上陽水の「心もよう」を歌い、ディスコで踊りまくり、ソープに行くのは、
 「上京物語」である。

 







安寿と厨子王

 陰謀によって西国に流された父のために、安寿と厨子王、母、乳母の4人は、京へ旅立つ。越後の直江津にたどり着いた一行は、人買いにだまされ、姉、弟が丹後に、母、乳母は佐渡に売られてしまう。丹後の由良で山椒大夫に買い取られた2人は、つらい労働を強いられる。安寿は厨子王を密かに逃がすが、ひどい拷問にあい、命を落とす。一方厨子王は姉から渡された地蔵菩薩の霊験により身を守られ、無事京都にたどり着く。帝から父の許し状をもらい、国守となった厨子王は、長い苦難の末母と再会する。
税引き後 4,498円でした。

95円単価での配当金なので、まあまあだと思います。


  「探偵物語」=第5話 「夜汽車で来たあいつ」


 私立探偵・工藤俊作の元に、妹・由美を探して欲しいという依頼が舞い込んだ。
依頼主はその兄・田村一郎だ。
福井の田舎から出てきた彼は、真面目な性格で工藤とは水と油。
そんな彼に工藤はやりにくさを感じるが、しかし持ち前の情報網で由美を見事に探し出してやるのであった。
 ところが、彼女は恋人・ゴローが起こした事故の慰謝料を払う為に、ある売春組織で働いていたのだ。今の状態では兄に会いたくない。彼女の気持ちを汲んでやった工藤は、一郎に妹は元気であるとだけ伝えることにする。
 だがその時、一郎が倒れてしまった。どうやら彼は癌に冒されていたのだ。
その上、役場の町長らに贈られた賄賂金を横領していた彼を追って、地元のヤクザが現れたのである。ヤクザから一郎を守ってやる工藤。
 彼は全てを治めると、田舎へ帰ろうとする一郎に由美を会わせた。ふたりは兄妹の絆を確かめ合い、やがてそれぞれの世界へ戻っていく。

 その後、工藤の元に一郎から手紙が届いた。

 そこには、手術を受けたこと、そして完治した暁にはまた上京し、工藤と酒を酌み交わしたいことが綴られていた。











集計時刻:2009/09/12 06:00:00

■□■ 合計


 評価損益 :-4,382,790

================================

◆ ドル/円(買)
 未決済ポジション :95,000
-----------------------------
 評価損益 :-2,927,290

◆ NZドル/円(買)
 未決済ポジション :50,000
-----------------------------
 評価損益 :-1,147,300

◆ ランド/円(買)
 未決済ポジション :100,000
-----------------------------
 評価損益 :-308,200


 苦しい展開だが、予想していました。
 ここは現状維持を保つのがベストと判断します。
「NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信」を1036円で10株、購入しました。
これでETFリートは20株を保有だ。

 目指せ、家賃収入での生活。道のりはかなり、長い。
 目指せバーチャル「大家さん」


①「上場インデックスファンドJリート(東証REIT指数)隔月分配型」(日興AM)と
 「NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信」(野村AM)
 を長期間に継続的に「買付け」をする。


②基本的に10万円以下、手数料無料の、松井証券 を使って「買付け」を行う。

③購入した「ETFリート」はすみやかに、、
松井証券 の「預株」に入れて、「預株」収入を狙う。

④「上場インデックスファンドJリート(東証REIT指数)隔月分配型」が10万円以下になったら、
 購入を検討する。
2008/10/21に日興AMが東証REIT指数に連動するETF「上場インデックスファンドJリート(東証REIT指数)隔月分配型」を上場

 「NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信」と「上場インデックスファンドJリート(東証REIT指数)隔月分配型」の比較をします。


簡単に概要を書きますと

名称:上場インデックスファンドJリート(東証REIT指数)隔月分配型
上場予定日: 10/21
対象インデックス: 東証REIT指数
投資対象: 不動産投資信託証券 (J-REITへの現物投資ですね)
売買単位: 100口 (9万円ぐらいから投資できます)
信託報酬: 税込み年0.315% 
収益分配: 奇数月に分配
となります。(詳細は日興AMのサイトで確認ください)

で、ここで気になるのが「日興AMと野村AMの東証REIT指数ETFの違いは?」となると思いますが、大きくは次の点が異なるようです。

「上場インデックスファンドJリート(東証REIT指数)隔月分配型」(日興AM)VS「NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信」(野村AM)比較表

  

 

日興AM

野村AM

信託報酬

0.315%

0.336%

売買単位

100口(約10万円)

10口(約1万円)

分配金

奇数月に分配

年4回分配

配当利回

約5%

約4%



日興AMは「売買単位が大きいですが、信託報酬が安い・配当利回が高い」
日興AMの方が分配金が隔月と多い。

 10万円以下になったら、
松井証券 は手数料が無料になるので「上場インデックスファンドJリート(東証REIT指数)隔月分配型」が間違いなく買いだと思う。

 そして、
松井証券 の預株に入れて預株料のチャンスも待つようにしたい。

maaa1maqaad


 我が家の愛犬「マリリン」も、寝たりきり状態になってしまった。
 犬にとっての17歳は、人間で言えば100歳をこえているのだろう。
 背中の毛も、皮膚病で7割以上、抜けてしまった。

 時間はだれも待ってくれない。マリリンでさえな。

集計時刻:2009/09/05 06:00:00

■□■ 合計


 評価損益 :-4,168,190

================================

◆ ドル/円(買)
 未決済ポジション :95,000
-----------------------------
 評価損益 :-2,710,690

◆ NZドル/円(買)
 未決済ポジション :50,000
-----------------------------
 評価損益 :-1,155,300

◆ ランド/円(買)
 未決済ポジション :100,000
-----------------------------
 評価損益 :-302,200


 悪い傾向だ。
 この流れは、しばらく続きそう。
 しかっりと、ポジションキープするしかない。
外国為替証拠金取引・FX入門・ETFリート 退職に備える投資法