株式投資で資金30万円を5年間で160万円に増やすことに成功。今度はFX投資で300万円の資金で1日4,500円のスワップ金利収入を毎日ゲットすることに挑戦する。  ETFリートでバーチャル大家も目指す。 退職後は豊かな投資ライフを楽しむ  
2009/031234567891011121314151617181920212223242526272829302009/052009/031234567891011121314151617181920212223242526272829302009/052009/031234567891011121314151617181920212223242526272829302009/052009/031234567891011121314151617181920212223242526272829302009/052009/031234567891011121314151617181920212223242526272829302009/05
縄文式FX投資法
■デジタル縄文式FX投資法の真髄
①下がったら1,000通貨単位で追加購入を繰り返すことによって、「平均購入価格」を下げる。
②為替差益が保有通貨から発生する1日あたりスワップ額の3ケ月以上発生したら、一旦、売却し利益確定する。



 TV番組の前世がどうのこうのとか、
 スピリチュアルなんとか、妙に肥満な霊能者とか、ホモの老人とかは
 私はマユツバだと思うが、

 念の世界はあるのではないかと思う。
 宮崎駿が表現する念の世界はあると思う。
評価損益 :-4,280,090

================================

◆ ドル/円(買)
 未決済ポジション :95,000
-----------------------------
 評価損益 :-2,304,090

◆ NZドル/円(買)
 未決済ポジション :50,000
-----------------------------
 評価損益 :-1,565,800

◆ ランド/円(買)
 未決済ポジション :100,000
-----------------------------
 評価損益 :-410,200



赤道小町ドキッ / 山下久美子

作詞:松本隆 作曲:細野晴臣

DOKI! DOKI! DOKI! DOKI!
赤いお陽様が ジリリ焦げてる
つんとすまし顔 君が歩けば
陽炎も色めくよ

ねえ 君のまなざしは 夏の写し絵
粋なサングラス 上眼使いに
眼があえば気もそぞろ

思考回路はショート 燃えつきそうなヒューズ
ギザギザハートは ギザギザ破けそうさ
君は赤道小町 恋はアツアツ亜熱帯
君は赤道小町 抱けば火傷するかも
DOKI! DOKI! DOKI! DOKI!

青いプールへと 飛んだ幻
時が切り取った 若さそのまま
描かれた残像さ

夢は機能停止さ 鳴り響く非常ベル
ギザギザ景色が ギザギザひびわれるよ
君は赤道小町 恋はアツアツ亜熱帯
君は赤道小町 抱けば火傷するかも
DOKI! DOKI! DOKI! DOKI!

思考回路はショート 燃えつきそうなヒューズ
ギザギザハートは ギザギザ破けそうさ

君は赤道小町 恋はアツアツ亜熱帯
君は赤道小町 抱けば火傷するかも…


 言葉に生命を吹き込むのは、音(音楽)であり、音を昇天させるのは映像である。



 何回やっても、満足できる映像ができないが、
 切がないので終了。



 一応、これで初恋のイメージ化実験を終了。

 曲は山下久美子の「赤道小町ドキッ」。
 この曲は1982年の曲だが、今、聞いても古くないと思います。
集計時刻:2009/04/18 06:00:00

■□■ 合計


 評価損益 :-4,061,740

================================

◆ ドル/円(買)
 未決済ポジション :95,000
-----------------------------
 評価損益 :-2,111,240

◆ NZドル/円(買)
 未決済ポジション :50,000
-----------------------------
 評価損益 :-1,536,300

◆ ランド/円(買)
 未決済ポジション :100,000
-----------------------------
 評価損益 :-414,200


 含み損がまた、400万円突破。
 まだ、安定はしていない。


 
 短いほうがいいと思う。
 歌詞と映像をもっとシンクロさせる。


 「冬ソナ」ブームの原因は、すべての女性の初恋相手を集約し、イメージ化した化身がヨン様だからだ。

 たぶんチェホンマンのような顔の男との初恋の思い出も、歳月と共に純化され、
 チェホンマン→ヨン様に変換される。

 そう、思い出は美しいのである。
 すべての女性の初恋の思い出の化身として、ヨン様は存在している。

 すべての男性の初恋の化身としてのえびちゃんを映像化する実験は続く。



 初恋のイメージを映像化する実験をして見たい。
 荒い創りだが、まずこんな感じで。
評価損益 :-3,847,240

================================

◆ ドル/円(買)
 未決済ポジション :95,000
-----------------------------
 評価損益 :-2,006,740

◆ NZドル/円(買)
 未決済ポジション :50,000
-----------------------------
 評価損益 :-1,424,300

◆ ランド/円(買)
 未決済ポジション :100,000
-----------------------------
 評価損益 :-416,200

 1ドル=100円は定着したかも知れない。
自衛隊の年間予算総額は約4兆円程度で世界第5位の規模を誇るが、

 「国軍」ではなく、「自衛隊」なのでそうである。

 日本は憲法で戦争を永久に放棄しているので、軍隊は持てないが
 「自衛権」あるので、「自衛隊」だと言うこと。

 頭の悪い男の浮気の言い訳のような説明で
  年間予算総額は約4兆円程度で世界第5位であっても、「国軍」ではなく
 あくまで「自衛隊」なのである。

 森本レオが浮気がバレた時の言い訳が
 「浮気」ではなく、単なる「メシ友」だ、「浮気」ではなく「異文化交流」だとの名言を残したが
 「国軍」ではなく、「自衛隊」と言うのも、そんな名言だと思う。

 年間予算総額約4兆円規模を誇るにもかかわらず、
 日本人が拉致されても、何も出来ないし
 テポドンが日本に向けて打たれても、何も出来ない・しない自衛隊の存在意義はなんなのか?

 札幌雪祭りの雪像造りに、自衛隊の存在意義があるのではないかと思う。

 日本が戦後焼け野原から、世界でも有数の経済大国になった理由は、朝鮮戦争・ベトナム戦争の特需のおかげだと思う。

 経済の面からだけ言えば、戦争はいいのである。

 私は戦争反対、自衛隊は憲法違反であると思っているが、
 
 「破壊」と「創造」で経済を激しく活性化させるのが、戦争であると思っている。
日本が不況なのは様々な理由があると思いますが、
急激な円高で輸出に頼る日本経済の根幹が揺らいでいるのが主な原因だと
私は分析します。

 極論ですが、急激に円安にする方法はテポドンがサダマサシ保有の無人島に着弾するとか、
 麻生総理がエビちゃんと不倫するとか、

 そんな手も有効なのではないかと思います。
 
集計時刻:2009/04/04 06:00:00

■□■ 合計


 評価損益 :-3,842,640

================================

◆ ドル/円(買)
 未決済ポジション :95,000
-----------------------------
 評価損益 :-2,008,640

◆ NZドル/円(買)
 未決済ポジション :50,000
-----------------------------
 評価損益 :-1,415,800

◆ ランド/円(買)
 未決済ポジション :100,000
-----------------------------
 評価損益 :-418,200

 テポドン効果で含み損300万円台に突入だ。
 バンザイ、キム・ジョンイル!
 バンザイ、テポドン!!

 日本を無事に通過することを祈る。


 「おとなしい女」は、

 妻(幼妻)に突然、自殺された中年男が、その遺体の前で嘆き呟く
 男性に対して、「救いのない物語」である。

 私の書いた物語は、結婚式場での花嫁の物語で
 人生で最も幸せであるはずの女性に対しての「救いのない物語」である。

 題名は「かわいそうな花嫁」だったと思う。
 学校の図書館での八方園の観察と、
 その頃のわたしの生活はコンビニバイトの為に昼夜逆転で、
 昼に待ち合わせをすると必ず寝過ごして、相手に待ちぼうけをさせ大ヒンシュクを買うということが定 例化していたことも含めて、物語にしたものだったと思う。
 この作品はドストエフスキーにとってウォーミングアップ、リハーサル的にかなり気楽に自由に書れた作品である。
 天才のウォーミングアップ、リハーサルはなかなか見ることが出来ないが、
 その中にこそ天才性が現れる。


 例えば、ウォーミングアップのイチローの背面キャッチとか、
 ジョルジュ・ドンの永遠に続くと思われるターンとか、
 キース・リチャーズの居合いのようなストロークとか、

 ウォーミングアップの時に、彼らの天才性が閃き輝く。
 

 ドストエフスキーにとって、「作家の日記」の仕事は、今で言えば有名人の公式ブログのようなもので、かなり気楽に実験的な作品とかを断片的に書いている。
 
 動物園に来演中に誤ってワニに食べられてしまったしがない公務員が、ワニの腹の中で生活を始めてそっちの生活よりも、ワニの腹の中での生活の方が快適ですよと話すおとぎ話も「作家の日記」には書かれている。

 私がこの「おとなしい女」を読んだのは、21歳くらいの大学生の頃だったと思う。
 大学生と言うか、フリーターのような生活で、大学図書館から隣の敷地にある結婚式場の
 八方園をぼんやり眺めていたような気がする。

 八方園から、
 「○○家・○○家、御両家の皆様、お集まりくださいませ」とか言うアナウンスが
 私の学校の図書館に聞こえていたし、
 窓から新婦・新郎とか歩いているのが見えて、
 友達と新婦の美人度を学校の成績のように評価したりして遊んでいた。

 これは、「D」判定だ。しかも、妊娠もしてるしよ。
 とか勝手なことを言っていた記憶が蘇る。

 21歳のデジタル縄文人にこの「おとなしい女」は非常にインスピレーションを与えて、
 私は「おとなしい女」を真似て、作品らしいもの書いた。
 


 
外国為替証拠金取引・FX入門・ETFリート 退職に備える投資法