株式投資で資金30万円を5年間で160万円に増やすことに成功。今度はFX投資で300万円の資金で1日4,500円のスワップ金利収入を毎日ゲットすることに挑戦する。  ETFリートでバーチャル大家も目指す。 退職後は豊かな投資ライフを楽しむ  
2008/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312008/092008/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312008/092008/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312008/092008/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312008/092008/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312008/092008/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312008/09
縄文式FX投資法
■デジタル縄文式FX投資法の真髄
①下がったら1,000通貨単位で追加購入を繰り返すことによって、「平均購入価格」を下げる。
②為替差益が保有通貨から発生する1日あたりスワップ額の3ケ月以上発生したら、一旦、売却し利益確定する。





 このブログの本質、目的は「実況中継」にある。
 自分の投資をなるべく「実況生中継」で公開して行く方針であった。

 現在、為替相場があまりおもしろくない状態なので、ポジションキープ状態が続いて 
 取引がなくて、つまらない。

 なので、今度はこのブログのアクセス数を実況中継したいと思う。
 自分でSEOをやろうと思ったが、月額1980円を投資して専門家にSEOをやってもらう
 ことにした。

 





調査の結果、ホームページ売上ドットコムが一番、評判が良くて安い。

 ここにSEOを任せることにする。
 1日500アクセスを目指します。
黒川温泉革命と言うDVDの解説で知った松田教授がTVに出ていた。

 大相撲のモンゴル巡業の解説をしていた。

 彼は温泉学とモンゴル学の権威らしい。

 たぶん、温泉学を専門としている大学教授は松田先生くらいだし、
 また、モンゴル学と言うのもあまり研究している人がいないと思う。

 しかし、そんなマイナーをことを研究し続けていると、たまたま「時の人」になることもあるんだと思う。
 マイナーであることは、競合相手がいないからすぐにトップに踊り出ることができる。
 ビジネスでも、そうだと思うが、トップに出ることが重要だと思う。


 黒川温泉革命教授

 温泉学とモンゴル学が専門の不思議な学者
 私の人生の指針としている言葉がある。
 井原西鶴である。


 井原西鶴は『日本永代蔵』で、「人は十三才迄(まで)はわきまへなく、それより二十四五までは親のさしづをうけ、其(その)後は我と世をかせぎ、四十五迄に一生の家をかため、遊楽する事に極まれり」と書いています。

 四十五歳までに一生困らないだけの身代を築き固め、それで遊び楽しむのが理想だといいます。

 西鶴は「若(わかき)時心をくだき身を働き、老(おい)の楽しみはやく知(しる)べし」とも書いていて、若い頃に一生懸命に働いて、早いこと老いの楽しみを知るべきだと、若隠居を勧めています。

 働くのは隠居のためだといわんばかりです。

 私は根本的に「なまけもの」でダラダラしているのが昔から好きです。
 
 大橋巨泉のライフスタイルに憧れますが、彼の生活はちょっとスノッブで私には合わないかとも近頃、思ってます。

 「老いの楽しみ」=「若隠居」をするには、ある程度の財産が必要になります。
 家賃・利息、自動販売機のように収入を生み出すシステムのオーナーになることが必要になる。

 それをパソコンひとつで、構築できないかと考えつづけている。

 住居は九十九里浜の海のある静かな田園に引っ越したので、それはそれで満足している。

 
黒川温泉革命と言うDVDの解説をしている松田教授が面白い。


松田忠徳(まつだ ただのり)

1949 北海道虻田町(現・洞爺湖町)洞爺湖温泉生まれ
   産湯は洞爺湖温泉で、混浴の共同浴場をゆりかごに育つ
  東京外国語大学大学院 修了(モンゴル学専攻)
  専門は温泉学で、日本で初の温泉学教授として話題になる。

1998~
1999 小型キャンピングカーで日本列島を2回縦断し、2,500湯を制覇するという前代未聞の奇行を 達成する。

この間車の中から日本経済新聞の『列島縦断2500湯」をはじめ、新聞、雑誌等数本の連載をこなす

2001 季刊雑誌「温泉主義」(くまざさ出版)編集長
2004 日本温泉総合研究所初代所長
2007 ウェブマガジン「毎日が温泉.com」編集長
2008 札幌国際大学附属北海道地域・観光研究センター長
  これまでに浸かった温泉の数は4,600を超す。
   著書、翻訳書は130冊を超す。


 1年間をまるまる小型キャンピングカーで日本列島を縦断する前代未聞の奇行をする。
 なかなか面白い人だ。

 江頭2:50が
「1クールのレギュラーよりも、1回の伝説を目指す」と言っていたが、彼もそんな男かも知れない。



 彼もまたデジタル縄文人である。
集計時刻:2008/08/23 06:00:00

■□■ 合計


 評価損益 :-1,629,640

================================

◆ ドル/円(買)
 未決済ポジション :95,000
-----------------------------
 評価損益 :-1,087,140

◆ NZドル/円(買)
 未決済ポジション :50,000
-----------------------------
 評価損益 :-450,300

◆ ランド/円(買)
 未決済ポジション :100,000
-----------------------------
 評価損益 :-92,200
黒川温泉の革命家
後藤哲也
昭和6年生まれ。
黒川温泉「山の宿 新明館」「山みず木」オーナー。
阿蘇農業学校中退後、実家が経営する「新明館」へ。
20代でひとり、ノミと金槌で掘った洞窟風呂は、今や黒川温泉の象徴的存在として有名。黒川温泉復興のリーダーを務め、名もない温泉地を全国に轟かせる。
2003年、国土交通省「観光カリスマ百選」に選ばれ、現在、全国の旅館経営者や自治体で講演やアドバイスを行っている。


 黒川温泉革命は彼なくしては、なかった。
img_dvd2.jpg

 現在の日本の温泉街・観光地はだいたいどこに行っても同じような景観・機能を持つ。
 それは観光地だけでなく、日本中どこに行っても同じような町並みである。

 コンビニがあり、ホームセンターがあり、牛丼屋がある。
 これは非常に便利なことでもあるが、非常に病的なことでもあるのではないか?
 均質化され、顔のなくなってしまった日本。

 しかし、黒川温泉には顔がある。
 カラオケ、ネオン街もない温泉街。
 何もない温泉街、それが黒川温泉である。

 これはすべてがアメリカンナイズされた地球全体の抱える問題のひとつだと思う。

 黒川温泉は過疎地である。
 アラブ人のように堂々とした過疎地である。
 温泉街に必ずある○○グランドホテル、大宴会場はなく、小さな良質の民宿旅館が24軒あるだけである。

 観光地であれば、グランドホテルの大宴会場でコンパニオンと一緒に宴会。
 就職するなら東京に本社がある大企業。
 結婚するなら、早稲田か慶応卒の都心に土地を持っている人。

 と言う従来の価値観が、今、揺らいでいるのはないかと思う。
 
 私は現在、東京近郊の海のある小さな田園都市で暮らしている。
 
 「黒川温泉革命」と言うDVDを見て、価値観の揺らぎを感じた。
 これまで無理をして生きて来た日本が、「自分の身の丈」に合った生き方、
 背伸びをしない自然体な生き方、ライフスタイルをこのDVDを見て感じた。


 ・黒川温泉の紹介映像 
 
 
 


集計時刻:2008/08/16 06:00:00

■□■ 合計


 評価損益 :-1,611,040

================================

◆ ドル/円(買)
 未決済ポジション :95,000
-----------------------------
 評価損益 :-1,041,540

◆ NZドル/円(買)
 未決済ポジション :50,000
-----------------------------
 評価損益 :-447,300

◆ ランド/円(買)
 未決済ポジション :100,000
-----------------------------
 評価損益 :-122,200
8月14日13時30分頃。

 おじさんが亡くなった。
 76歳。

 おじさんは子供がいなくて、4人兄弟の末っ子である私が養子に行く話があったと聞いたことがある。

 クリスマスケーキを毎年、買ってもらった。
 私はケーキよりも、それに付いているドライアイスが好きで、よくそれで遊んだものだ。
 おじさん、クリスマスケーキありがとうございました。

 おじさんは実父の弟である。
 何事にも強引な兄におとなしく従う弟としてのおじさんのイメージがある。
 
 実際に、おじさんはおとなしい人だった。
 おじさんには特技があった。

 それはどんな凶暴な動物でも手なずけるところである。
 動物王国のムツゴロウのように、吠えまくる犬でもおじさんにかかると
 ハラを出してジャレル。

 キバを出している犬に平然と手を出すおじさんはすごいと思った。

 しかし、人間関係は苦手な人だった。
 会社とかでも苦労していたと思う。

 あっちの世界で親父と仲良くやってほしい。
 本質的には仲の良い兄弟だった。
 親父もおじさんが来て、喜んでいると思う。
集計時刻:2008/08/09 06:00:00

■□■ 合計


 評価損益 :-1,641,490

================================

◆ ドル/円(買)
 未決済ポジション :95,000
-----------------------------
 評価損益 :-1,070,990

◆ NZドル/円(買)
 未決済ポジション :50,000
-----------------------------
 評価損益 :-469,300

◆ ランド/円(買)
 未決済ポジション :100,000
-----------------------------
 評価損益 :-101,200
1万NZDを76.89で購入。


 ひさびさの「買い」
 ニュージランドの異常気象が心配。
 場合によっては、NZDの大暴落もありうる。
 現在のポジションから得た未決済の昨日までのスワップ累計=702,265円

 今日現在の「含み損」=1,614,240円

 実質含み損=911,975円

 実質含み損が100万円を切った。
 精神衛生上、非常によいことだと思う。

 為替差益よりも、スワップは強しだ。
 
 FXは長期戦略をすれば、バカでも勝てると思う。

 アメリカ政府が8月の金利を2%にすることを発表。

 それが理由かどうか知らないが、米ドル109円を突破した。

 金融市場がこれで多少、落ち着いたかんじだ。

 たぶん、次にくるのは原油価格の暴落だろう。
 これは素人でも予想できる。

 不自然な相場だから、いつかは原油価格は暴落する。
 それは予想できるが、それに向けてどんなポジションと言うか、対策をすれば
 儲けることができるのかは、私にはわからない。
外国為替証拠金取引・FX入門・ETFリート 退職に備える投資法