FC2ブログ
株式投資で資金30万円を5年間で160万円に増やすことに成功。今度はFX投資で300万円の資金で1日4,500円のスワップ金利収入を毎日ゲットすることに挑戦する。  ETFリートでバーチャル大家も目指す。 退職後は豊かな投資ライフを楽しむ  
2008/051234567891011121314151617181920212223242526272829302008/072008/051234567891011121314151617181920212223242526272829302008/072008/051234567891011121314151617181920212223242526272829302008/072008/051234567891011121314151617181920212223242526272829302008/072008/051234567891011121314151617181920212223242526272829302008/07
縄文式FX投資法
■デジタル縄文式FX投資法の真髄
①下がったら1,000通貨単位で追加購入を繰り返すことによって、「平均購入価格」を下げる。
②為替差益が保有通貨から発生する1日あたりスワップ額の3ケ月以上発生したら、一旦、売却し利益確定する。

 まだまだ、大きな含み損を抱えた状態だが、それでもFXだと思うのは
 スワップ収入である。

 現在のポジションから発生した昨日までのスワップ累計は、

 623,669円

 である。

 金、トウモロコシ、原油などの先物取引には、このようなメリットはない。
 「通貨」だけに、「通貨」だけにしか「金利」は発生しない。

 債権ファンドは「通貨」の金利で「配当金」を支払うシステムのものも
 数多くあるが、手数料・信託報酬料とかを徴収されている。

 ちなみに私の母が保有している「ワールドインカム」は
 信託報酬料が純資産総額に対して、年率 1.1025%である。
 この信託報酬は後期高齢者医療制度のように、知らない間に元本から天引きされている。
 ファンド運営者は手堅く収入を得るシステムになっている。
 しかも、ワールドインカムを100万円購入するのに手数料2万円を千葉銀行に支払う。
 ファンド会社・銀行は手堅くがっちり儲けるが、個人投資家はリスクばかりを背負い簡単には
 儲けることが出来なくなっている。

 世の中の「縮図」を見ているとような気がする。


 ファンドに100万を投資していると、年間の配当金は約4万円である。
 しかし、信託報酬が約1万円引かれるので、実質は3万円の配当になる。

 ファンドの場合、この信託報酬料が長期にやっているとかなりの高額な経費になる。

 FXの場合は、当然だが、自分の判断で「売買」するので信託報酬料は0円である。
 FXは低コストで資産運用できるのである。

 
スポンサーサイト



 一言で言えば、ZARの特徴はハイリスク・ハイリターンである。


 ・ハイリスク
①エイズの蔓延
②治安の悪さ(国家的なテロも含む)
③ジンバブエから300万人の難民流入

・ハイリターン
①債権がトリプルA
②2010年サッカーワールドカップ開催
③金、ダイヤモンド等の資源国家
④自動車輸出大国


 現在、一番の魅力は金利が12%だが、その中には大きなリスクもある。
外国為替証拠金取引・FX入門・ETFリート 退職に備える投資法