株式投資で資金30万円を5年間で160万円に増やすことに成功。今度はFX投資で300万円の資金で1日4,500円のスワップ金利収入を毎日ゲットすることに挑戦する。  ETFリートでバーチャル大家も目指す。 退職後は豊かな投資ライフを楽しむ  
2007/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312008/012007/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312008/012007/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312008/012007/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312008/012007/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312008/012007/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312008/01
縄文式FX投資法
■デジタル縄文式FX投資法の真髄
①下がったら1,000通貨単位で追加購入を繰り返すことによって、「平均購入価格」を下げる。
②為替差益が保有通貨から発生する1日あたりスワップ額の3ケ月以上発生したら、一旦、売却し利益確定する。

 アメリカドルを購入しすぎたことだと思う。
 しかし、アメリカドルはサプライム問題とかがあっても、
 世界の基軸通貨であることには変わりないと思う。


 アメリカの凄いところは、本当に財政が破綻しそうになると
 戦争をはじめて、自分自身で「特需」を発生させ、
 景気を回復させる大技がある。

 これは、日本と言うよりも他の主要国もできない
 必殺の「景気回復」方法である。

 まさに、星条旗は永遠なれである。

 しかし、アメリカドルを購入し過ぎた反省している。
 冷静さを欠いた購入であったと思う。

 しかも、アメリカドルの金利は4ケ月間で1%も下がった。
 これは見込みが甘かったと思う。

 
 
 自動年金システムとしてのFX投資

 FX投資の問題点は、換金すると証拠金が不足しリスクが高くなるということだ。

 確かに毎日、毎日、スワップ利息は発生するが、それは引き出し出来ない金と言うことである。

 引き出し出来ない「お金」では、自動年金システムにならない。

 1年で50万円の利息収入があっても、
 含み損が100万円あれば、お金を引き出せない。

 ここをコントロールすることが大切になる。
 年金は2ケ月に1度、お金が振り込まれる。

 私のFX投資も、2ケ月に1度、自分自身に入金される仕組みを考えなければならないと思う。

 リスクを減らす為には、証拠金を増額することが必要だ。
 当分の間は、スワップをコツコツ貯める。
 為替差益の決算後も、貯めて証拠金を増やすことが必要だと思う。

 目標は証拠金1500万円。

 この証拠金から発生する、スワップと
 たまに為替差益を確定させて、2ケ月に1度くらいは現金収入を得たいと思う。

 自分自身の自動年金システム構築への第一段階として、
 来年は証拠金を増やす努力をしたいと思う。
 
 昨年の10月からFXを開始した。
 体調不良で、マジで退職も考えた。
 どうにかして、収入を得なければならない。
 しかも、働かないで。

 これが、FX投資を開始した最大の原因だと思う。
 基本的にスワップをコツコツ貯めて行くことを基本とした。

 為替差益で儲けたことはラッキー以外の何者でもないと思っている。

 昨年の11月1日からスワップ収入が発生している。
 その合計は、508,206円である。

   AUD  3,638円
   CAD 34,295円
   GBP 30,484円
   NZD 160,999円
   USD 27,6504円
   ZAR 2,286円

 上記が内訳である。

 これを見ると、日本の金利が異常に低いことが改めてわかる。
 それでも、円を後生大事に貯金している人が多い。

 社会保険庁、厚生労働省だけでなく、すべての日本の行政は腐敗していると思う。

 しかし、これは日本国が消滅しない限り、解決されない。
 マスゾエ大臣がどんなにがんばっても無理です。

 自分の年金は自分自身で創り出そうと言う試みが、私のFX投資の目標である。

 1日4500円の収入発生システムの構築を実現させる為に努力する。

 今年、最後のサマリーです。


集計時刻:2007/12/29 07:00:00

■□■ 合計


 評価損益 :-935,940

================================

◆ ドル/円(買)
 未決済ポジション :95,000
-----------------------------
 評価損益 :-864,840

◆ NZドル/円(買)
 未決済ポジション :50,000
-----------------------------
 評価損益 :-72,900

◆ ランド/円(買)
 未決済ポジション :30,000
-----------------------------
 評価損益 :1,800
集計時刻:2007/12/22 07:00:00

■□■ 合計


 評価損益 :-768,240

================================

◆ ドル/円(買)
 未決済ポジション :95,000
-----------------------------
 評価損益 :-693,840

◆ NZドル/円(買)
 未決済ポジション :50,000
-----------------------------
 評価損益 :-68,400

◆ ランド/円(買)
 未決済ポジション :30,000
-----------------------------
 評価損益 :-6,000


 南アフリカランドも購入した。
 ミーハーな私である。(古い表現だ)
・森トラスト総合リート 税引き後配当金 17,377円
・ワールドインカム   税引き後配当金  5,328円



 12月は配当金が多いのだ。
南アフリカの通貨 ZAR。
南アフリカランドと言うらしい。

 通貨の名称が「ランド」である。
 浦安にあるのも、何とかランドである。


 この通貨の魅力は
①金利が11%。
②2年後には、サッカーワールドカップが開催される。


 つまり、2年間は安定して、11%金利が継続される見込みが強い。


 しかし、この予想はだれでも、考えそうである。
 だれでも考えそうな「発想」では、「相場」では儲けられない。
 
 みんなと反対の考え、つまり「へそ曲がり」の行動をしないと相場では儲けれないと思う。

 つまり、「下がったら買う」
     「上がったら売る」

メガネの愛眼 配当金 720円
ベルーナ   配当金 337円


 今回の配当金   1,057円


 株は半年でこの金額しかもらえない。

 FXだったら、1日で2千円以上利息が貰える。

 株よりはFXだと思う。 
 USDの金利が4.25%になった。
 これはショック。
 スワップが少なくなるのだ。

 他の通貨も、軒並み金利を下げて来た。
 そんななかで、南アフリカだけ金利を上げて11%になった。

 これは、リスクはあるが10万通貨くらい買いかなと思う。

 しかし、慎重にいきたいと思う。
 久々に売って、儲かった。     
 もう、12月だ。

 少し、現金化する必要がある。
 チャンスがあれば、もう少し売るかも。

 金がなければ、正月は来ないのだ。
1万NZDを87.35で売却




  為替差益   44,000円
  スワップ    4,853円


合   計   48,853円



 累計 為替差益      551,570円
     決算後スワップ   147,198円  
 

 累計益    698,768円
集計時刻:2007/12/08 07:00:00

■□■ 合計


 評価損益 :-980,040

================================

◆ ドル/円(買)
 未決済ポジション :95,000
-----------------------------
 評価損益 :-927,540

◆ NZドル/円(買)
 未決済ポジション :60,000
-----------------------------
 評価損益 :-52,500



 ちょっと、反転だ。
 継続して得られる不労所得は、いろいろとあると思う。
 
 家賃収入。

 年金。

 私の職場にある、自動販売機は1ケ月で100万円以上の売上があると聞いた。

 「自動販売機」も、不労所得だと思う。


 私が現在の資金で、もっとも安定して得られる不労所得は、
 FXでのスワップ、

 つまり、金利収入かなと思う。

 家賃収入は、現在の私の資産では無理だ。
 年金をもらうには、若すぎる。(しかも、国は信用できない。)
 自動販売機も、私はサラリーマンなので、「利権」がない。

 リスクを最小限にして、1日5,000円くらいのスワップが得られる
 ポジションを取りたい。
 私は億万長者にはなりたくない。
 プライベートジェトとかヘリとか、そんなものは必要ない。
 カローラで十分である。

 家も、今のセコイ家で十分である。
 人間、立って半畳、寝て1畳である。

 では、何が欲しいか?
 安心である。
 
 安定した収入である。
 年金的に安定した収入である。

 しかし、国は信用できない。
 これは近所の満州からの引揚者の影響で、国は信用できないと
 確信している。

 満州国の高級官僚は、満州国民を見捨てソ連が攻め込んでくる前に
 自分たちだけ安全に逃げ帰った。

 この基本的な姿勢は、今なお、日本政府、そしてどんな小さな町や村の
 役所にも引き継がれている悲しい現実だと確信している。

 安部前総理の祖父は、満州国の高級官僚であることが、
 この現実を象徴している。

 祖父に続いて、孫もまた、逃走したのだ。

 自分自身で年金的な安定した収入を発生させ、
 それでのんびり生活する。

 それが私の目指すものである。

 最終的には、1ケ月15万円の安定収入を発生させるシステムを構築することが私の目標である。



 
 
 

 しかし、この男はシャベリがダメすぎると思う。
 ここは同郷人として、鹿島まで指導に行くしかないと思っている。
  
 サッカー選手としては、中村俊輔よりも天才である。
 シャベリは、ミスターオクレ以下の障害を持っている。

 

 源義経の末裔。
 源氏の本流。
 小笠原満男である。

 天才とはアンバランスなのである。
 
 私の投資方法を情報商材として、プロデュースしたいと言う話が来た。
 あやしいような気がする。

 そもそも、私の投資方法は非常に地味である。 
 鹿島アントラーズの小笠原満男くらい地味である。

 12月1日(土)現在の私のFX投資の「含み損」は
 集計時刻:2007/12/01 07:00:00

■□■ 合計


 評価損益 :-1,135,740

================================

◆ ドル/円(買)
 未決済ポジション :95,000
-----------------------------
 評価損益 :-978,840

◆ NZドル/円(買)
 未決済ポジション :60,000
-----------------------------
 評価損益 :-156,900




 しかし、このポジションから発生した、「スワップ」の累計は

 9万5千USD 20,0692円
 6万  NZD 10,1686円
   
  合  計   302,378円


 実際の「含み損」は

     含み損   1,135,740円
     スワップ累計 302,378円
 
   実質含み損    833,362円

 と言うことになる。


 しかも、スワップは毎日、2千円くらい発生する。
 これはどうやっても、毎日2千円くらい発生するのである。

 「塩漬け状態」も想定しているし、
 「塩漬け状態」でも、利益が出る。 

  コツコツとスワップを貯めながら、
 たまに為替差益もゲットする。

 ここらが、私の地味なFX投資の真髄だと思う。
 

        
集計時刻:2007/12/01 07:00:00

■□■ 合計


 評価損益 :-1,135,740

================================

◆ ドル/円(買)
 未決済ポジション :95,000
-----------------------------
 評価損益 :-978,840

◆ NZドル/円(買)
 未決済ポジション :60,000
-----------------------------
 評価損益 :-156,900
外国為替証拠金取引・FX入門・ETFリート 退職に備える投資法