株式投資で資金30万円を5年間で160万円に増やすことに成功。今度はFX投資で300万円の資金で1日4,500円のスワップ金利収入を毎日ゲットすることに挑戦する。  ETFリートでバーチャル大家も目指す。 退職後は豊かな投資ライフを楽しむ  
2007/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312007/092007/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312007/092007/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312007/092007/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312007/092007/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312007/09
縄文式FX投資法
■デジタル縄文式FX投資法の真髄
①下がったら1,000通貨単位で追加購入を繰り返すことによって、「平均購入価格」を下げる。
②為替差益が保有通貨から発生する1日あたりスワップ額の3ケ月以上発生したら、一旦、売却し利益確定する。

 

この映画のロケ地です。



昨日、私の家から直線で50メートルくらいのところにコンビにが開店した
 これは、まさに便利である。

 50メートルと言う距離感がいい。
 あまり、近いとうるさい。

 私の家の、と言うよりも私の寝室の5メートル離れたところにスッポン料理専門店がある。
 実際にはちょっと高級な居酒屋で、深夜はウルサイ。
 しかし、人間はなんでも慣れる動物らしく、このウルサさにもなれてしまった。

 更に30メートル離れたところにかなり美味いと言う評判の本格的な寿司屋がある。
 ここは、開店して1年くらいになる。
 大将は若いころは、暴走族の幹部で実家は市内で一番、古いお寺の三男坊らしいが今では、腕のイイすし職人で2人の子供のお父さん。
 働きものらしい。

 そして、200メートル離れたところに、東京駅八重洲口まで90分の高速バスのバス停がある。
 http://www.chibakotsu.co.jp/kousoku/time_chosi_1.htm
 


 東に50メートルにはコンビニ
 南に5メートルにすっぽん料理専門店(居酒屋)
 北に30メートルに寿司屋(元暴走族幹部)
 西に200メートルに高速バスのバス停。(東京まで90分)


 僻地のような気もするが、意外と近頃、便利かなと思う。

 たまに、私は根拠もなく適当な買いをする。
 売りもする。


  この根拠のない行動は辞めたほうがいいと思うが、
 たまにする。


 人間は計画的な行動をできない部分がある。
 情緒的な無計画な行動をする。

 厳密に言えば、その行動の為に私は存在していると思われる。
 私は4人兄弟の末っ子だが、
 間違って出来た子供だとおじさん、おばさんからよく言われる。
近所のスーパー
近所のホームセンター
 買い物に来ている。
復職して、記念にブラウンの髭ソリを買ったのだが、これの消耗品を買いに来たのである。
 自動洗浄用の専用カートリッジーというものである。
これは、アルコールと潤滑油の混合されたものが入ったカートリッジーで、これがないと自動洗浄システムが作動しない。
 液体だけを買うことはできない。
「専用カートリッジー」を購入しなければならないのである。

 専用カートリッジー以外のもの、違う洗浄液を使うと故障の原因になるので厳禁と書かれている。

 この専用カートリッジー実にうまく出来たもので、開封すると1ケ月くらいで蒸発してしまう。

 使わなくても、カラになるのである。

さすが、ブラウン。
商売上手である。

 このブラウンの髭そりを使っている間は、ずっと永久にこの専用カートリッジーを購入しなければならない。

 この商売上手な手法は、マイクロソフト、ソフトバンクも一緒で彼らの手法に掛かればだれもが無能な消費者になってしまう。

 私の「3丁目の夕日パソコン」は、様々なアップデートができないようになっている。
 ソフトの更新ができないのだ。

 だから、新しいパソコンを購入してマイクロソフトの策略にハマルようにしむけられているのだが、私はデジタル縄文人なのでその手には乗らないのである。

 近頃、体力が回復して来たので、osをリナックスに変えて見ようかと思っている。
 ブラウザはオペラがいいらしい。

大量消費社会システムの家畜として従順に生きるのは、楽だがそれに抵抗して生きるとなると、面倒だし手間がかかるが私はその道を選ぶ。

 デジタル縄文人は、本来の意味において自由人なのである。

 
 これは、3、4年前に膀胱炎で高熱を出してうなされている時に
 私の夢まくらに出てきたノストラダムスのことである。


 ノストラダムスとは、あの予言者である。
 正確に言うと枕ではなく、私のヒザらへんに彼が現れた。


 私のベットに老人が現れたのである。
 私の寝ているヒザから外国人の老人が出てきて、言葉ではなく
 音ではなく、いわゆる「想念=テレパシー」で
 私に訴えて来たのである。

 その内容は

 私の予言は正しかったのに、みんなはそれをわからない。
 私の予言は正しかった。

 「7の月」はSeptember(セプテンバー)=9月のことだ。

 「アンゴルモアの大王」はアルカイダーの王、オサマビンラディンのことだ。

 グランドクロスとは、貿易センタービルとジャンボ飛行機が衝突する時に出来た「巨大な十字架」のことだ。

 高熱にうなされている私に強く主張していた。
 なんで、よりによって私にそんなことを主張するのかわからない。
 それは、今でもわからない。

 気づいたら私の足元にいた彼は消えていた。


 今まで私はこのことを人にはあまり話さなかった。
 アタマがオカシクなったと思われるし、熱に魘されて変な夢を見たことはこれまでもあったからで、公表はしなかった。

 しかし、あの老人は何かを私に伝え、それを公表してほしいから私の夢まくらに来たのではないかと思い、ここに公表することにした。

①老人の予言したこと
L'an mil neuf cens nonante neuf sept mois
Du ciel viendra vn grand Roy d'effrayeur
Resusciter le grand Roy d'Angolmois.
(1)Avant apres Mars regner par (2)bon heur.

1999年 7の月
天から到来する恐怖の大王が
アンゴルモアの大王を蘇らせる
火星の前後 幸運によって支配する


②「7の月」
月の元の意味は、実際の月より2ヶ月ずれています。それぞれ
 9月は「7の月」、10月は「8の月」、11月は「9の月」、12月は「10の月」を意味しているのはご存じでしょうか? 例えばタコは英語で『オクト』パス。
『オクト』は『8』の意味です。(タコは足が8本あるからね。)
 だから『オクト=8』-バー(=10月)なのです。

 一体どうして2ヶ月違うのでしょうか? それは昔は3月が年始だったからです。
 3月(=1の月 マルティウス = 軍神 マルスの月)
 4月(=2の月 アプリリス  = 美の女神 アフロディーテの月)
 5月(=3の月 マイウス   = 豊壌の女神 マイアの月)
 6月(=4の月 ユニウス   = 女主神 ユノの月)
 7~12月は順番に『5~10の月』であり、現在の1月と2月に相当する月は
 ありませんでした。(1年=304日という暦の時代もあった。)



③「アンゴルモアの大王」
◆シェイク
アル・カーイダ戦闘員が、ビンラディン氏を指して呼ぶ暗号名らしい。
12月、アフガン東部・トラボラ地区で反タリバンの司令官が無線を傍受した際に判明した。
「シェイク」とはアラブ諸国などで族長、首長などをさす言葉で、尊称でもある。

http://www8.plala.or.jp/curiocity/sensei/backnumber/past000/page098.htm

 夢まくらに現れたジイさん。

 これで、成仏してください。
 あなたの予言は正しかった。
 



 ここが「買い」のチャンスだと思う。
 やはり、これだけの金利差があるので円安傾向は
 今後も続くと思う。

 日銀は金利の引き上げを半年くらいはしないと思う。

 なので、円安傾向はゆっくりと続くと思う。

 この半年間が儲けるチャンスだと思う。
集計時刻:2007/08/25 06:00:00

■□■ 合計


 評価損益 :-705,790

================================

◆ ドル/円(買)
 未決済ポジション :95,000
-----------------------------
 評価損益 :-483,890

◆ NZドル/円(買)
 未決済ポジション :40,000
-----------------------------
 評価損益 :-221,900



株式投資 1,442,324円
外貨投資  588,216円



  投資利益合計 2,030,540円



 16年10月から開始した投資。
 やっと200万円突破した。

 たかが、200万。
 されど、200万。


 結果を出すのは紆余曲折、試行錯誤で苦労したが
 しかし、何か達成感を感じる。


 次の目標は1,000万円です。
 たまには利益確定をしたいと思い売却した。
 これが私の悪い癖で、細かく売る。
 売り好きな性格なのである。

 含み益が大きいので、精神衛生的にも悪いので売りました。

 為替差益 42,300円
 スワップ  1,160円

 計    43,460円



スワップ利息合計 137,946円
 為替差益合計   450,270円

    588,216円
集計時刻:2007/08/18 06:00:00

■□■ 合計


 評価損益 :-1,066,890

================================

◆ ドル/円(買)
 未決済ポジション :95,000
-----------------------------
 評価損益 :-675,790

◆ NZドル/円(買)
 未決済ポジション :50,000
-----------------------------
 評価損益 :-391,100


 含み損は気に止めない私でも、100万円以上あるといい気分ではありません。

 しかし、ここがチャンスだと思います。
 
 とりあえず、ゆっくり下落を追尾します。
 もっと下がりそうな気配ですが、チャンスだと思います。

 これで1日のスワップは2,400円くらいだと思う。


 相場は次の2つの状態を繰り返してる。


 ①「下落相場の場合、売りがさらに売りを呼ぶ状態」

 ②「上昇相場の場合、買いがさらに買いを呼び過熱状態」


 「過熱状態」が続けば、次には「過冷状態」が続く。
 これは人間の本来持っている性質、「群れる」と言う本能も関係していると思う。
 
 「群集心理」も相場には作用していると思う。


 これを繰り返しているのが相場である。
 相場と言うよりも、これが般若心経で語られている「宇宙観」である。

 「サプライムローン問題」とか、「ナントカショック」とオモシロオカシナ名前をつけるがそれは嘘で

 「過熱状態」が続いた後には、それに対する反作用が働いているだけである。

 その反作用は事前に起きた「過熱状態」の強さに比例する。

 「山高ければ、谷深し」なのである。


 これが私の相場観、世界観なのである。
下がる。
株価も下がっている。

 すごい下げだと思う。
 ここがチャンスだと思う。


 ちょっと、様子を見て買い増す予定だ。


 ここがポジションを入れるチャンスだと思う。
 含み損で42万円くらいになってしまった。
 なかなか、豪快な下げである。

 1日スワップ利息が2千円。
 1ケ月で6万円なので、42万円の含み損を解消するには
 7ケ月×6万円=42万

 このポジションを7ケ月保つことで解消される計算になる。
 しかし、豪快な下げである。

 下がったら、まだまだ追加購入するだけの資金はあります。

 下がったら、買います。
 デジタル縄文人は原始的なので、画像もかなり原始的な手法を使う。
 と言うか最新式のFLASH形式、IPIX形式はメンドクサイと言うか
 頭がついていかない。

 もっとも古典的なjpeg,gifを今更ながら、勉強している。
 よく考えれば、デジカメも持ってない現状である。

 gifはjpeg画像のサイズが一致してないと残像が残って、イマイチなgifになるのだが、修正の方法がよくわからない。

スポーツの森



 デジカメがないので、私の職場周辺の写真をネットで集めてgif画像を作成して見た。
 
 デジタル縄文人の身上は
「人の褌で相撲を取る」ことである。

 デジカメは不要なのである。

 しかし、私の周辺の景色はきれいだと思う。


集計時刻:2007/08/11 06:00:00

■□■ 合計


 評価損益 :-335,290

================================

◆ ドル/円(買)
 未決済ポジション :95,000
-----------------------------
 評価損益 :-288,190

◆ NZドル/円(買)
 未決済ポジション :40,000
-----------------------------
 評価損益 :-47,100



プライムローン問題とか、金融危機の懸念とかは
デジタル縄文人には関係ない。
そんなの関係ねえ~


 つまり、チャンスだと思うので下がったら、まだまだ購入する。


 スワップ金利が最大の味方だと思う。
 NZDはスワップ金利は7.85%。

 
パソコンのファンが故障した。
無視して使用していたら、もうちょとで火事になりそうになった。

 修理したら、お金も時間もかかることがわかったので、
 3万円の中古パソコンを購入した。

 その他詳細スペック
CPU Celeronプロセッサ600MHz
メモリ 128MB
HDD 10GB
内蔵FDD 1.44MB/720KB
内蔵CDROM 最大24倍速
ディスプレー 14.1インチ(XGA)TFTカラー液晶
サウンド 16Bit3Dステレオ
LAN 10BASE-T
USB 2ポート
PCカードスロット 2スロット(CardBus対応)
サイズ、重量 A4-Size 307×252×44 mm 約2.9kg
バッテリー稼動時間 最大約2H(新品利用時)
OS Wndows 2000(セットアップ済み)
動作確認済みソフト ワープロ、表計算等
付属品 個別仕様書、簡易説明書、ACアダプター、リカバー用DISK、リカバー起動FD、サポートDISk

 
 この表計算・ワープロソフトと言うのがクセもので、ワード・エクセルではなくsunのフリーソフトである。

 今さら、新しい表計算、ワープロソフトを覚えるのは40歳過ぎてモンゴル語の語学学習をするようなものだ。

 なのでワード・エクセルをインストールをしようと思ったら、XPは利用許諾の関係でインストール途中で止まってしまった。

 マイクロソフトはこんなに儲けているの非常にケチくさいと思う。

 それなので、1番最初に買ったパソコンの付属ソフトのオフィス97をインストールした。

 1997年である。
 10年前のエクセルである。

 非常に昭和の香りがするパソコンになった。

 3丁目の夕日パソコンと銘銘した。


 なにかいろいろと設定が面倒だ。
 windows up date をしたら165個の更新がありますとでた。
 何回も更新を失敗している。
 なにせ、IE5.5なので、それからアップデートしないとダメだ。

 OSが2000だと最新のIEはインストール出来ない。

 3万円のパソコンは結局、時間と労力が膨大にかかるのである。

 病み上がりの私には非常に悪いパソコンかも知れない。


集計時刻:2007/08/04 06:00:00

■□■ 合計


 評価損益 :-362,990

================================

◆ ドル/円(買)
 未決済ポジション :95,000
-----------------------------
 評価損益 :-328,090

◆ NZドル/円(買)
 未決済ポジション :20,000
-----------------------------
 評価損益 :-34,900



 まだ下がる。
 ここが本当の買い時だと思います。
外国為替証拠金取引・FX入門・ETFリート 退職に備える投資法