株式投資で資金30万円を5年間で160万円に増やすことに成功。今度はFX投資で300万円の資金で1日4,500円のスワップ金利収入を毎日ゲットすることに挑戦する。  ETFリートでバーチャル大家も目指す。 退職後は豊かな投資ライフを楽しむ  
縄文式FX投資法
■デジタル縄文式FX投資法の真髄
①下がったら1,000通貨単位で追加購入を繰り返すことによって、「平均購入価格」を下げる。
②為替差益が保有通貨から発生する1日あたりスワップ額の3ケ月以上発生したら、一旦、売却し利益確定する。

愛眼
 
 逆日歩で儲けるなら、松井証券しかない。

 愛眼は今日の終値が1000円である。
 これはチャンスだと思う。
 松井証券を利用して買えば、手数料が10万円まで無料である。

 3月まで保有することよにって、フレーム・メガネレンズ一式の
 半額券の株主優待がゲットできる。
 
 愛眼のこの株主優待は人気があるので、ほとんど毎回、逆日歩が
 発生している。

  昨年は3月に11日間「逆日歩」が発生している。
 100株保有で計算すると
預株」を4,305円もらえる計算になる。

 その他に配当金が700円。

 
 購入した「愛眼」の株を松井証券の
 「預株
 に預けるだけである。
  
 10万円の投資で、5000円の現金のリターンが期待できるので
 ある。

 その他に株主優待である。
 ヤフオクで相場は3400円くらいである。
 実際に自分で使うのが一番お得だと思う。

 私は母にレンズ・フレームで15万円のメガネセットをプレゼント
 したが、支払いは7万円だけである。
 7万円得したことになる。


 デジタル縄文人の「逆日歩投資法」をまとめると 
 
 ①かなり人気のある映画券とか、ホテル宿泊券とかの株主優待券が
  ある株式を長期に観察して、底値付近になったら松井証券で購入。
  この底値を知る方法がMM法である。

 ②そこで、松井証券の「預株」口座に入庫する。

 ③配当金を貰う。

 ④株主優待を貰う。

 ⑤預株料を貰う。

 さらに、妻でも子供でもいいのだが、家族で同じ事をやれば
 その人数分だけ上記の利益を得ることができるのだ。
 私は母と2人で実践している。

 株は1人で200株持っても優待券は1枚しかもらえないが、
 母と私で100株づつ保有すれば、優待券は2枚貰える。

 デジタル縄文人は「逆日歩でも儲けている」のである。
 「預株」をやっているのは、実は松井証券だけである。
 
 そんなに大もうけは出来ないが、ローリスクで堅実に儲けられる
 方法である。

 
松井証券では他社オンライン証券には無いサービスを数多く展開しています。



お金の事、ファイナンシャル・プランナーなど専門家に相談してみよう!

 お金のことは自分で勉強することも必要だが
 専門家に相談してみるのが時間的に節約できるかもしれない。

 こんなサービスを発見したので、みなさんへ報告します。
★先着50組100名様に映画観賞券が!★

 懸賞は申し込まなければ当たらない。
 申し込んだからといって、当たるわけでもないが・・・・。
パチンコ攻略のツボ

 パチコンの攻略情報を掲載しろとのことである。
 彼女はある種、パチコン屋に「引きこもり」である。
つまり、確立の低い大技よりも、ポイントにならなくても自分らしい持ち味を発揮することで勝利すること。

 今日出来た、デジタル縄文人の格言である。
 スーパー3袋で100円とかで売っている焼きそばを、高級中華料理にする方法を発見したので報告します。
yaki


 ミツカンの「甘熟黒酢」を焼きそばにかける。
 これだけである。
 あら不思議。
 だだの「焼きそば」が、高級中華の味に大変身。
 ホテルオークラで食べた焼きそばの味になる。

 結局、「味」って調味料で決まる。
 例えば、マグロの刺身だって大間産とか高級品があるけど、
 結局、味と言えば大半が「醤油」と「わさび」になる。
 逆に言えば、「醤油」と「わさび」の味がよければ、
 冷凍マグロだって大間産のマグロになると思う。

 原料を通常の3倍使用した、甘みと香りが強いお酢「甘熟黒酢」
 
 これを使えば、3袋100円の「焼きそば」がホーテルオークラ風の味になるのだ。

 本当ですよ。
 実際に試して見てください。
 甘熟黒酢

kuro

ABCマート
 本日、9時に2525円で100株購入。
 13時20分頃に2605円で100株売却。
 13時20分頃に売るのが多いと思う。


 粗利で8000円の利益。
 今日は20万円以上なので、松井証券を利用した。
 手数料は売買で1050円かかった。

 2月22日まで保有すれば、3000円の株主優待ゲットだが
 あえて売却した。
  


  税引き後利益合計

  1,282,845円


松井証券では他社オンライン証券には無いサービスを数多く展開しています。

 「預株

 逆日歩で損するなら、どこの証券会社でも出来るが
 逆日歩で儲けるなら、松井証券しかない。


 
 ①かなり人気のある映画券とか、ホテル宿泊券とかの株主優待券が
  ある株式を長期に観察して、底値付近になったら松井証券で購入。
  この底値を知る方法がMM法である。

 ②そこで、松井証券の「預株」口座に入庫する。

 ③配当金を貰う。

 ④株主優待を貰う。

 ⑤預株料を貰う。

 さらに、妻でも子供でもいいのだが、家族で同じ事をやればその人数
 分だけ上記の利益を得ることができるのだ。
 私は母と2人で実践している。

 株は1人で200株持っても優待券は1枚しかもらえないが、
 母と私で100株づつ保有すれば、優待券は2枚貰える。

 デジタル縄文人は「逆日歩でも儲けている」のである。
 「預株」をやっているのは、実は松井証券だけである。
 
松井証券では他社オンライン証券には無いサービスを数多く展開しています。
クスリのアオキ初値1500円です。

 本日、終値1420円

 1280円で購入出来たので、現在、含みで14,000円の利益
 (含み益とか含み損と言う表現が嫌いなのだが・・・)

 もうちょっと、保有する。

 松井証券で初当選だった。

松井証券では他社オンライン証券には無いサービスを数多く展開しています。
 「甘熟りんご酢」を飲んで見た。
 価格は280ミリリットル、788円。
 酢としては、かなく高額だが、
 原料のリンゴ果汁を15倍使用しているとのことである。
  
 うまい。
 リンゴ本来の甘みと香りがある。
 さすが15倍使用しているだけのことはある。

 調子に乗って飲みすぎてしまった。

 そうしたら、何か利尿作用が強いようで、大量の尿が出た。
 ビールとか、ドリンク剤を飲んだときのように大量の尿が出た。
 不思議と疲労感が取れたような気がする。
 あの大量の尿の中に、疲労物質とか、ストレスとか悪いものがあって
 だから、この爽快感があるのだろうか?

 うまい。もう一杯!! 
 
 と言う感じである。
 

りんご酢

aka

 ひさびさの勝利でかなり疲れた。
と言うよりも、近頃ずっと体調不良で疲労感がある。
いろいろと健康食品も試して見てるが、高級な健康食品に頼るより普通に使っているメーカーのちょっと高級な新製品を試している。

 「お酢」って、ちょっとブームだ。
TVの広告でも、中国人が出て来て、物凄い渋い俳優のナレーションで「お酢」が宣伝されているが、私たち日本人にとっては「お酢」と言えば「ミツカン」ではないのかと思う。

 日常的に使っているメーカーというものは、何か有り難味がなく
 本当の価値・よさを理解されない傾向がある。

 たとえば、トヨタカローラってかなり世界的な評価が高い名車なのだが、日本ではカローラって言えば、何か非常に陳腐な評価がなされる。 
 これは悲しいことではないのか。
日本はカローラのお陰で経済大国になったといっても過言ではない。

 ミツカンの酢も、これまで日本の台所で戦前からずっと、活躍し、庶民の食卓を支えて来た。
 お酢ブームだと言うのに、なんでミツカンのお酢には脚光があたらないのかと思っていたら、なんとミツカンから高級酢が発売された。

 高級酢と言っても、TV番組で紹介されている健康食品よりはかなり格安である。

 su

 
 ミツカン(愛知県半田市)は、甘みと香りが強いお酢「甘熟黒酢」  「甘熟りんご酢」を2月14日、全国で発売する。甘熟黒酢は原料の玄 米を通常の3倍、甘熟りんご酢はリンゴ果汁を同15倍使用。甘味料、 香料などは一切加えていないが、水だけで割って飲んでも甘みと香り が感じられ、料理にも使えるという。各280ミリリットル、788円。

黒酢、りんご酢



 
 
(株)クレディア
 本日、9時に1564円で100株購入。
 13時20分頃に1620円で100株売却。

丸三証券は20万円まで手数料が 無料なので、そのまま5600円の利益。

  ひさびさの勝利だ。


  税引き後利益合計

  1,277,640円
クスリのアオキ初当選です。

 松井証券のことばかり書いていたら、松井証券で初当選。
 思考は現実化する。
 言霊か。

 やった。

 2月17日の上場日に期待だ。



松井証券では他社オンライン証券には無いサービスを数多く展開しています。
 松井証券の「預株」制度を利用すれば3得だ。

 
 ①かなり人気のある映画券とか、ホテル宿泊券とかの株主優待券が
  ある株式を長期に観察して、底値付近になったら松井証券で購入。
  この底値を知る方法がMM法である。

 ②そこで、松井証券の「預株」口座に入庫する。

 ③配当金を貰う。

 ④株主優待を貰う。

 ⑤預株料を貰う。

 さらに、妻でも子供でもいいのだが、家族で同じ事をやればその人数
 分だけ上記の利益を得ることができるのだ。
 私は母と2人で実践している。

 株は1人で200株持っても優待券は1枚しかもらえないが、
 母と私で100株づつ保有すれば、優待券は2枚貰える。

 デジタル縄文人は「逆日歩でも儲けている」のである。
 「預株」をやっているのは、実は松井証券だけである。
 
松井証券では他社オンライン証券には無いサービスを数多く展開しています。
ブログルポ
 自分の好きなテーマを選んで、投稿するとお金になるシステムである。文章を投稿するのではなく自分のブログからの掲載URLを投稿するようになっている。
 私もはじめたばかりだが、自分の好きな映画とか、本とか、株の話が
金になるとは、これはいい。
 まだ、今日登録したばかりでわかないが結果を報告して行きたいと思う。
 目標はまず、1ケ月1000円くらいからです。
 
目指せ!!あこがれの文筆生活じゃ!!
 今年は、クロス取引を利用した株主優待の獲得方法で予想以上の巨大逆日歩が発生してちょっと痛い目にあった。

 田崎真珠       取得費用 13,129円
 トップカルチャー   取得費用  1,281円
 ロイヤルホテル    取得費用 24,038円   


  明らかに株主優待の価値よりも、「逆日歩」の方が高い。
 取得費用がかかり過ぎてしまった。

 しかし、巨大「逆日歩」で利益を得る方法もあるのだ。
 これは実は2年前から、デジタル縄文人は実施している。
 秘伝の方法なのだが、特別に公開します。

 松井証券に「預株」制度がある。

 私は「森トラスト総合リート投資法人」、「吉野家」を入れている。
 二つとも長期で保有しようと思っているので、どうせなら「預株」
 に入れようと思って2年前くらいから、松井証券に入庫した。

 配当が高いとか、株主優待が人気があるものは、巨大逆日歩が発生
 する可能性が高いのだが、おかげさまで、2万円以上の「預株料」
 が発生してる。

 デジタル縄文人は「逆日歩でも儲けている」のである。
 「預株」をやっているのは、実は松井証券だけである。
 
松井証券では他社オンライン証券には無いサービスを数多く展開しています。
トーホー

 これはテクニカル的に見て、来週は反発域に入っている。
 特にRSIはかなり魅力的な曲線を描いている。
 完全に売られすぎだ。
 反発で買われると思う。

 エネサーブも今日、やっと反発。
 これも来週、ぜひがんばってと応援したいと思う。

 パシフィックネットをIPOであっさり、落選です
 

 なぜか?
 たぶん、イートレイドで一度も株を買ったことがないのが
 原因だと思う。
 イートレイドはどうやっても、手数料が発生するので
 新規公開株の申し込み以外は使ったことがないから、
 ハジかれているのだと思う。
 今後は何回か連続して、イートレイドで売買して見ようと思う
 オンライン取引でも、義理は大切なのかも知れない。


 株はゼ不調だ。
 吉野屋は波乱万丈の人生だ。
 人生泣き笑い。
 さすが、我が人生の友だ。
 私の人生とシンクロしているのだ。



 こうなったら、何があっても売りません。
 簡単に言うと、株式市場、特に日本の株市場はインチキだと言うこ
とです。
 基本が「インサイダー取引」で一部の特権階級が常に勝ち、庶民がカ
モにされると言う構図だということです。
 それは社会の縮図といってもいいかもしれません。
 これが、管理社会、管理社会の家畜だとネオやデジタル縄文人が指摘
 する世界の真実の姿である。
 そんな中で頼りになるのは、チャートだと言う事です。
 週刊誌やTVは、庶民をカモる為に、流言飛語をタレ流し、無責任に
 煽ります。
  その世界の真実に触れようとするものは、
今回のホリエモンのよう に抹殺されます。
  コンパスが常に北の方角を指すように、
チャートは真実を指し示します。
 株で勝とう思ったら、テニカル分析しかありません。
 みなさん、法律とテニカル分析を勉強しましょう。

 ホリエモンはもう完全にエイジェント・スミスに
注射されているかもしれません。
MM法とは

MM法とは株取引におけるテクニカル分析の1つの方法です。

皆様御承知の通り、株取引において、ある銘柄の売買を行うとき、その売買判断の基準をどこに置くかを推測するのに2つの基準、フアンダメンタル分析とテクニカル分析があります。

このような分析をしないで、ただ証券会社の店頭で得た情報、あるいは出版物ないし情報誌から得た情報に頼ることによって、個人投資家はどのくらい損を被ってきたでしょうか。そこにプロ達と個人投資家の違いが厳然と存在します。

個人投資家とプロとの違いを見てみましょう。

通常はプロとアマチュアとは別の土俵で戦いますが、株取引は同じ土俵で勝負します。何の組織も持たない個人投資家がはなから不利な状態に置かれています。そこで、この土俵で勝つにはどうすればよいかを知るには、先ずプロと私達個人投資家とはどこが違うのかを知る必要があります。

第1の違いは、プロは他人の資金を運用するのに対して、個人投資家が運用する資金はあくまでもその人のものです。つまりプロが失敗しても首を括る必要のないのに比べて、個人投資家の失敗はもろにその人の死活問題となります。

したがって個人投資家の株取引は真剣勝負です。真剣勝負に他人の武器を用いて勝てるでしょうか。他人から得た情報、しかも好意を装って(裏にはしっかりとして商魂がありますが)、また安く提供された売買銘柄情報で数十万円も儲けようとするのはありえません。

すると、個人投資家は自分の武器を持つべきなのです。フアンダメンタ分析手法であろうとテクニカル分析手法であろうと、です。

しかし、その理由は如何に申し上げますが、個人投資家がフアンダメンタル分析をすることができるでしょうか。特に他に職業を持ち(アマチュアだから当然)、あるいはすでに年金生活に入られた方が、役に立つフアンダメンタル分析を行うことは事実上不可能なのです。

フアンダメンタル分析とはその企業の財務体質、収益構造、商品開発、商品企画などを通じて、その企業の価値を計り、企業の資本を構成する株の売買を行うものです。したがって企業は自社の宣伝のためにIR活動を行いますが、その一環としてアナリストを招待してミーティングを行います。アナリストはこのような機会で企業の実態を知り、また任意の企業訪問によってつねに当該企業の体質を判断しているのです。

これが証券会社などの所属するアナリストという職業の人たちの仕事です。しかし株式全業種にわたっての分析を一人でするわけではありません。機関の持つ組織によって行われます。そして企業はこのような活動によって当該銘柄のフアンダメンタル分析を行うのです。

このようなことが個人投資家に出来るでしょうか。事実上不可能でしょう。

したがって個人投資家は証券会社を通してアナリストの情報を得ることになりますが、ここにも問題があります。

個人投資家は証券会社にとっては優良顧客とはいえないのです。私達はゴミ投資家といわれています。すると、アナリストに高級を支払い、経費をかけて得た情報を安易に私達に流すことがあり得るでしょうか。流したとしてもそれは時期遅れの役に立たないところが、有害な情報ですらありえます。極端な場合、優良顧客に流したものが買い情報だったとして、時期遅れでは売り情報になっているはずが、あいも変わらず買い情報として流される場合だって起こりえます。

さらにアナリストの発する情報が、それによって利する企業に偏っていないかの中立性については、大変問題があります。アメリカでのアナリストの中立性については今日でもまだ燻ぶったままです。

すると、このような投資環境で私達個人投資家が信用できるのは、テクニカル分析によるものだということになります。テクニカル分析は誰にも頼らず、自分の才覚で分析し、また信頼のできる唯一の情報です。

もちろん株価値動きの原動力の一部は、企業の活動を投資家が夢見る人気からきます。しかし、この人気を肌で感じることのできるのは、マーケットに直結した人間しか感じ取ることは出来ません。したがって、証券会社の店頭には暇をもてあそぶシニヤーか、昼休みのサラリーマンの姿が見えます。しかし、マーケットの真の情報はこの人たちには流れないでしょう。

いずれにしても、証券会社の営業マンは、その日市場が引けると、新しく入手した材料、あるいは市場のセンチメントから分析した売買情報をもって、まず自分の担当する富裕顧客のところに走ります。このような訪問を受けたことのない人は、まず個人投資家と思って違いないでしょう。

これに対してテクニカル分析とは、ある特定の銘柄についての過去の株価運動を分析し、それがどう将来に反映されて株価を決めるのかの予測をするものです。本来の株価形成の原理からは受動的なスタイルです。ですが、その方法によってはフアンダメンタル分析と肩を並べるくらいの効果があります。

しかし、このテクニカル分析においても、プロの用いるものをそのまま自分のものとするわけには行きません。その理由は、次の通りです。

テクニカル分析を専門とするテクニカルアナリストは存在します。株価情報を流すTVの画面で常に見ることが出来ます。

これらプロ達が行う分析とは、直近の株価がそうなった原因を、何種類ものテクニカル手法から、その銘柄の値動きにマッチしたものを取り出してきて説明します。つまり都合のよい後講釈です。自分は常にこの手法によってこのように成功したとは決して言いません。これは多くのテクニカル手法を知っておけばよいだけの話です。

これでは私達個人投資家にとっては意味のないことです。つねに一定の手法によって、その銘柄の値動きを予測するなら、それは個人投資家にとっても福音でしょう。残念ながらいままでそのようなテクニカル分析を見たことがありません。

MM法はその詳細は後述しますが、テクニカル手法の1つです。これによって全ての銘柄の値動きの予測に常に成功するとは言いません。所詮テクニカル分析です。相場つき、また業績発表とか何らかの材料の発表のあった時期によって思惑に反する値動きは発生します。

しかし、現在は、特に1999年からは株式取引料が自由化され、インターネット取引が活発になりました。現在では個人投資家の50%以上がこのインターネット取引による売買をしています。するとそれまでの株価の運動力学とは異なったものになっています。端的には値動きが早く、利幅が少ないと言う現象です。20も30%もの値上りをじっと待つ売買手法は通用しなくなっています。ある銘柄が底から反騰したと思ったら、すぐに数%の利益で資金が脱出します。これをこの銘柄はやっと反騰したからもう大丈夫だと買いに走る従来手法では遅いのです。利幅が取れないのです。

MM法の詳細は以下に述べますが、このような現代投資環境にマッチした、しかも単純で複雑な経験を必要としない手法です。
「あなたの声をお聞かせください!」オフィスインターネット快適アンケート



 ここは、いろいろおもしろいサービスやってます。
 無料インターネットTVとか。
 昨日は、科学忍者対ガッチャンマンを見た。
 私はベルクカッゼの大ファンなのです。
 う~ん、やっぱりソニーが安い。
 安いのはいいが、いざと言うときに大丈夫なのか?
 電話で聞いて見ようと思う。
ソニーの自動車保険の方が、1万円くらい安かった。
来年はソニーするかな。
 株の売り買いで出す利益の目標は5%だ。
 20万円で買って21万で売る。
 100万円で買って105万で売る。
 これをコンスタントに1ケ月に4回出来れば、
 株で生活できるのだ。
 どんな、バカ株でも、優良株でも、5%の値動きは必ずある。
 どんな株でもある。
 ウソだと思うなら、ヤフーファイナンスでチャートを見ればわかるが
 どんな株でもある。
 つまり、どのセクターとか、銘柄を選んでもいいのだ。
 ようはその時期、その時の状態である。
 買い時を知るためには、「MM法」による株価の分析が非常に有効に なる。
 では、「MM法」とは何か?
 丸三証券は20万円まで手数料無料。
 これを使って、株の初心者の方は練習するべきだと思う。
 20万円以下の株を買って、10円でも利益を出す練習をかさねて
 まず、10万円の利益を出すまでがんばってほしいと思う。
 まったくもって、スポーツの練習と同じだと思う。
 どんなに小さくても、利益を出し続けられるかがとても重要な
 ポイントだと思う。
 それには、丸三証券しかないと思う。
 しかも、2ケ月間は手数料無料だから、思いっきり練習できる。

外国為替証拠金取引・FX入門・ETFリート 退職に備える投資法