株式投資で資金30万円を5年間で160万円に増やすことに成功。今度はFX投資で300万円の資金で1日4,500円のスワップ金利収入を毎日ゲットすることに挑戦する。  ETFリートでバーチャル大家も目指す。 退職後は豊かな投資ライフを楽しむ  
2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/112017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/112017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/112017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/112017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11
縄文式FX投資法
■デジタル縄文式FX投資法の真髄
①下がったら1,000通貨単位で追加購入を繰り返すことによって、「平均購入価格」を下げる。
②為替差益が保有通貨から発生する1日あたりスワップ額の3ケ月以上発生したら、一旦、売却し利益確定する。

ニュージランドドルのチャート

 ボリーンジャバンドとMACDによるチャート図

chr


 私の投資理論

 相場は景気、不景気、戦争、天変地異などに関係なく
 どんな時でも波のように動いている。

 それは自然界における潮の満ち引きと同じように動いている。
 その動きをテクニカル分析を駆使して捉え
 干潮時に購入し、満潮時に売却をして利益を小さくても、
 短期間で得る。

 と言うものだ。

 なぜに今、大きな含み損を抱えてしまったのかと言えば、売却しないで
 長期に保有してしまったからだ。

 長期保有になった理由は、
 もっと上がるのではないかと欲を掻いたことと、

 仕事が忙しくそのまま放ったらかしにしたこと。

 の2点である。

 特に多忙につき、FXトレードが出来なかったことが大きいように思う。

 退職したので、FXトレードをやって見たいと思う。

 ニュージランドドルは浮動率が高い通貨であるので利益が出しやすいと思う。

 大幅に下がったら買って、ちょっと上がったら売る。
 羅針盤はボリジャーバンドとMACD。

 目標はとりあえず、大きな含み損を少しでも改善したい。



 投資を開始してから7年になる。
 7年の目の浮気とマリリン・モンローも言ってるが、
 ここで私の投資を総括して見たいと思う。


 私はインカムゲインを基本に投資している。
 バクチ的な売り買いで大儲けすることは考えていない。

 小さくてもいいから、長期に安定的に投資から収入を得たいと思っている。

 例えば、株の配当であったり
 通貨の利息(スワップ)だったり
 リートの家賃だったりするわけです。

 投資には変動リスク(諸行無常)があるのですが、
 この7年間で一番、安定しているのは「リートの家賃」であると言う
 小さな結論が出た。

 5.25%あった世界の親分米ドルの利息は現在、0.25%で為替はなんと77円である。
 銀行株と言われた東京電力はたぶん、これから10年以上無配当が続くと思われます。

 ほとんど変動しないのが、森トラスト総合リートの配当金だった。
 年利3~6%の家賃収入発生装置としてがんばってくれているし、
 こんな経済状態にも関わらず、株価は元本をキープし続けてくれる。

 リートへの投資をもうちょっと推進して見ようかと思う。

 やはり、土地は安定しているのかと思います。
 

 
 1,405,196円になった。
 
 本日の収益は株を売ったのではない。
 配当金でもない。

 さて、なんでしょうか?

 答えは明日。

 消費者金融は古今東西、悪である。
 それを利用して、儲けてやれ!!




①新規公開株の情報を仕入れる
 「新規公開株は儲かる!!」
  確かに。
 ただ、新規公開株でも「腐れ株」はあります。
  だいたい、新規公開株は9割は初値が上昇します。
 逆に言えば、1割は初値が下がる「腐れ株」があります。
  そんな「腐れ株」は私のような貧乏投資家に当たるように
  できています。
  金持ちでいい情報をもっている人は、
「腐れ株」の抽選には申し込まない。
ただ、ただ、新規公開株は儲かると単純に考えて、
どんな株でも参加する人間に、そんな「腐れ株」当たって、
そして「大損」してしまいます。
 私も大損しました。新規公開株に当たって損しました。

マネックス証券は口座を開設すればフィスコの新規公開株の有料情報を、無料で見れる。
 その情報を元に新規公開株に申し込めば、安全・確実です。
 新規公開株で儲けようと思ったら、
 とりあえずマネックス証券への口座開設は必須です。

 マネックス証券に口座を開設すれば、はさまざまな投資情報のほとんどが無料で見れる。
 新規公開株の初値予想や初値分析などが無料で見れる。
 これがなければ危険で、新規公開株には参加することができない。

②当選確率を40倍にする
E*トレード証券には、IPOのチャレンジ制度が あるからである。
 IPOチャレンジ制度とは何か。
 それは、1回落選すると1倍当選確率が増える。
 つまり、「1チャレンジポイント」がもらえる。
 10回続けて落選すると10倍当選確率が増える。
 私の場合、32回連続落選して、
 「チャレンジポイント32」で申し込んだら、当選。
 なんと16万で当たった株が初値70万、
 3日後には110万円になった。

  ずっと申し込めば1年に1回くらいは、当選できると思う。

 しかも、今ならキャンペン中です。
 イートレード証券に無料口座開設すると現金1,000円を全員に
プレゼント!さらに、口座開設後に現金3万円以上を入金すると、
現金 3,000円が必ず貰えるキャンペーンを開催しています
(合計4,000円)。

 E*トレード証券
キャンペーン期間 5月31日まで
プレゼント金振込開始 6月初旬予定


③無利息で資金を調達する

新規公開株の抽選や申込の際には、拘束金が発生します。
お金がたくさんあれば当選確率があがります。
それは、宝クジでもそうですが、多く申し込めば当選する確立が増えるからです。
でも、お金がない人はいつまでたっても、IPOに当選できないか?
そんなことはありません。
こんな時は、「消費者金融」をうまく使います。
15日間無利息ローンのクレディアをご存知でしょうか?
2週間以内にお金を返せば、利息はタダです。

更にスマートローンのディックのテンフリーキャッシングを利用すれば10日間無利息なので、クレディアとディックを合わせて、上限500万円分の新規公開株に参加できるのである。

 資金がなくても、IPOに参加できるのである。
IPOに落選した場合は、期日までにお金を返却すれば一切の費用が発生しない。
それが、競馬・パチンコ等のギャンブルとIPO投資の違いである。
 負けても損はしないが、勝てばそんなギャンブルとはケタの違う
大金が儲かるのである。

④すべて、ネットで決済する
カタギのサラリーマンが「消費者金融」に出入りしているところを見られた
ならば、かなり世間体が悪い。
クレディアとディックも、一切、来店不要でキャシング出来るし、返済も出来る。
そこで、必要になるのがネット銀行である。
これは、あまりにも常識なので、ここで特別、書く必要もないが
手数料無料!【イーバンク】がなければ、ネットで儲けることは出来ないと言っても過言ではない。

⑤50倍の当選確率で、600万円分申し込む

E*トレード証券で1年間申し込んで全部落選すれば、だいたい50Pチャレンジポイントたまる計算になる。
そして、マネックス証券の初値予想が「アグレッシブ」で絶対に大きく値上がりする情報がある時は、勝負である。
スマートローンのディックならば、初回だけ特別に30日間無利息である。
 普通のサラリーマンなら、最大400万円の融資を受けられる。
そして、30日以内に返せば「無利息」である。
 15日間無利息ローンのクレディアと合わせて使えば、資金0円の人間でも、600万円分新規公開株に申し込めるのである。
 無から有を生む必殺の「IPO当選術」である。
外国為替証拠金取引・FX入門・ETFリート 退職に備える投資法