FC2ブログ
株式投資で資金30万円を5年間で160万円に増やすことに成功。今度はFX投資で300万円の資金で1日4,500円のスワップ金利収入を毎日ゲットすることに挑戦する。  ETFリートでバーチャル大家も目指す。 退職後は豊かな投資ライフを楽しむ  
2021/01123456789101112131415161718192021222324252627282021/032021/01123456789101112131415161718192021222324252627282021/032021/01123456789101112131415161718192021222324252627282021/032021/01123456789101112131415161718192021222324252627282021/032021/01123456789101112131415161718192021222324252627282021/03
縄文式FX投資法
■デジタル縄文式FX投資法の真髄
①下がったら1,000通貨単位で追加購入を繰り返すことによって、「平均購入価格」を下げる。
②為替差益が保有通貨から発生する1日あたりスワップ額の3ケ月以上発生したら、一旦、売却し利益確定する。

悩みが多くて自殺志望者に悩みを書き出してみろと言ったら、全部で14個で
しかも大した悩みではなく、その自殺志望者は自殺を辞めた。
つまり、頭の中でぐるぐる回っている悩みを書き出して見れば、それ程の数も重さもなかった。
書き出して記述することはそれだけで問題解決になる。
食べたものを毎日、記述するだけで痩せるらしい。
記述し続けると食べすぎだとかと言う意識が生まれて痩せるのか?
あんまり考えないでシンプルに記述するだけでもいいらしい。
ブログとかもただただ、書くだけでも気づきがあるのかも。
スマートスイッチが突然、動かなくなった。
ベットに寝ながら遠隔操作でエアコンを操作するスマートスイッチなのだが、突然に動かなくなった。
いろいろ調べたらwifiのgが死んでいた。
スマートスイッチは何故かgのネットワーク上でしか作動しない。
原因究明までに半日を費やす。
原因がわかれば復旧作業は30分くらい。
電源切って再起動、アプリを最インストール。
gが死んだ原因は猫が暴れていたからだと思う。
スマートスイッチはg線上のアリアだと学んだ。
米国投資を始めた。
米国株を買う場合はドルで購入しなければならない。
円をドルに交換してから米国株を購入するのだが手数料が1万円当たり250円発生する。
この手数料がもったいない。
私の場合、米国株で高配当株を購入してその配当金で米国株を購入している。
配当金はドルで支払いされるので、それで直接、米国株を購入すれば為替手数料が発生しない。
手数料と言うか経費を最小限にするのが取引の基本だと思う。
コロナ後の世界覇権はアメリカから中国へ移るのだろうか?
もし中国が世界覇権を握るならなんらかの軍事衝突があるかも知れない。
アメリカのコロナ被害は死亡者数が三十万人以上とかベトナム戦争よりも酷いのに株価は市場最高とか
ちょっとそのギャップに驚く。
市場はコロナ後にアメリカが大復活すると予想している。
ペスト後にモンゴル帝国が衰退してヨーロッパにルネサンスが来たようになるのだろうか?
大航海時代に相当するものは人類が火星へ到達するようなものか。
変化に法則があるとすればコロナ後にルネサンスが来るのかも知れない。
銀行よりも高金利の金貸はいつの時代にでも、不景気で高景気の時代にもいると思う。
アップルだって創業当時のガレージでは資金難で高金利で借りていた。
ジャンク債と言うのはいつの時代でも若者を相手にする風俗産業のように需要があると思う。
リスクはあるが貸出期間を短期にするとか、貸出規模が5千億円以上1万社以上のETF、投資信託でやればジャンク債は高金利のリターンが期待できる。
貸出た1万社の中にはデフォルトになる会社があっても、大局的に見れば高金利のリターンになる。
サラ金も焦げ付く場合もあるが、会社的に見ればかなりの高収益になっている。
高利貸しの本質。
しかも、高利貸しと言うのは紀元前から未だにある売春同様に古い職業である。
そう言う思いに耽って、ジャンク債を購入した。

外国為替証拠金取引・FX入門・ETFリート 退職に備える投資法